p0

地上で唯一「機内食」が味わえる、関西空港の展望ホールにあるレストラン『レジェンド・オブ・コンコルド』。滑走路を眺めながら本格的な機内食が楽しめる人気スポットです。


「機内食」といえば、飛行機に乗った人だけが味わえる特別な料理というイメージを抱く人もいるでしょう。その機内食が、わざわざ飛行機に乗らなくても地上で味わえるレストランが大阪・関西国際空港にあります。関空展望ホールにあるレストラン『レジェンド・オブ・コンコルド』では、エコノミークラス、ビジネスクラス、そしてデザートまで味わうことができます。


伝説の飛行機「コンコルド」に由来するレストラン


p1

コンコルドをイメージした大きなテーブルが置かれている『レジェンド・オブ・コンコルド』の店内。大きな窓から滑走路やターミナルを眺めることができ、窓際席は特に人気です。


『レジェンド・オブ・コンコルド』は、平成17年(2005年)にオープンしました。

p2

日本最終フライトで関西空港に飛来したコンコルドの巨大模型

レストランの名称は、“超音速旅客機”としてその名を世界中にとどろかせながら2003年10月に惜しくも引退した「コンコルド」に由来します。なぜコンコルドなのかというと、1994年9月5日、コンコルドの日本最終フライト地がこの関西空港だったのです。

店の入口にあるコンコルドの巨大模型をはじめ、店内にはコンコルドの設計図や、かつて関西空港に飛来した当時の写真がいたるところに貼ってあります。

また、入口すぐのところにある大きなテーブルも、コンコルドをモチーフにした形になっているのがよく見るとわかります。

p3

入口には、歴代コンコルドの模型が並んでいます。店内には、コンコルドが関西空港に飛来した当時の写真パネルなども貼ってあり、飛行機ファンにはたまらない空間です。

かつて世界の空で活躍した、そして関西空港にも飛来したコンコルドの往年の姿を、店内で堪能することができます。飛行機好きや旅好きにはたまらないスポットといえそうです。
p4

『レジェンド・オブ・コンコルド』の店内には、コンコルドの大きな設計図なども展示。まさに“コンコルド”一色に装飾された店内は見どころたくさんです。