p0

大阪を代表するグルメ“たこ焼”を、パティシエが本格スイーツに作り上げた話題の「たこパティエ」。一度食べるとその新しい味わいに誰もが驚くはず!

大阪を観光や出張などで訪れる時に最も利用者が多いのが、東海道・山陽新幹線が発着するJR新大阪駅です。駅構内には、定番の人気商品から選りすぐりのこだわりの和洋スイーツ、たこ焼きやお好み焼き“コナモン”など、大阪のさまざまなお土産が並んでいます。

今回、JR新大阪駅で今、最も売れている人気の大阪土産から、最近登場したばかりの大阪らしいこだわりスイーツまで、新幹線に乗る前にすぐ買うことができる、ぜひとも手に入れてほしいお土産をご紹介します。

売上No.1「点天 ひとくち餃子」 車内で食べるセットも人気

p1

新幹線中央改札のすぐ近くにある『アントレマルシェ新大阪』。

新大阪駅新幹線中央改札前にある『アントレマルシェ新大阪』は、新幹線に乗る前にお土産を買うのにとても便利な場所にあり、大阪をはじめ、京都や神戸など関西のお土産をはじめ、お弁当やドリンク類なども販売しています。

2011年12月にリニューアルオープンしてから、コンビニエンスストアの感覚で利用できる売り場と、こだわりのお土産が選べる売り場の2ヶ所ができ、さらにお土産選びが楽しくなりました。

このアントレマルシェ新大阪で、大阪のお土産売上ランキング第1位が、点天の「点天・ひとくち餃子」(30個入、1390円)です。
p2

売上No.1を誇る大阪土産の定番「点天 ひとくち餃子」。家で簡単に調理できる手軽さで、何個も食べたくなる飽きることない味わいです。

創業から30年あまり、当日製造・当日販売にこだわり、香り高いニラやオリジナルレシピの皮が特徴。ピリッとカリッと焼いて皮の香ばしさが味わえる焼餃子をはじめ、温かくゆで上がった水餃子のつるんとした食感もおすすめです。

p3

青い包装パッケージが目印の「点天 ひとくち餃子」。

小さなひと口サイズでいくつ食べても飽きることがない大阪の味として根強い人気を誇ります。青い包装紙の商品パッケージが目印。保冷パック(105円)も販売。

お土産としてではなく、そのまま新幹線の車内ですぐ食べたい人のために最近、「おつまみ餃子 10個(カレー味)」(360円)が登場しました。

焼き上がったひとくち餃子にカレー味が効いていて値段もお手頃。毎日昼過ぎ~夕方ごろに店頭に並ぶ数量限定で、売り切れ次第終了なので、お早めに!