あのたこ焼が本格スイーツに! 「たこパティエ」

コンビニ感覚で利用できる売り場ともう1つ、職場へのお土産や進物用など少し立派な包装パッケージの商品やこだわりのスイーツなどを集めた売り場がすぐ近くにあります。平日の夕方になると出張帰りのビジネスパーソンらの行列ができる「551蓬莱」コーナーをはじめ、“いか焼き発祥の店”「桃谷いかやき屋」の元祖いかやき、十三「喜八洲総本舗」のみたらし団子などが実演販売されています。

ここでのおすすめは、大阪・八尾の洋菓子店、瓢月堂が手がけた「たこパティエ」(6袋入、525円/12袋入、1050円/18袋入、1575円)。

p9

黒と白のシンプルなデザインが目を引く「たこパティエ」。たこ焼きとパイ生地がコラボレーションした大阪発の本格スイーツは今イチオシ!

パティシエによる大阪が誇る伝統の味・たこ焼をアレンジした本格スイーツです。ソースや青のり、かつお節など、たこ焼本来の味を生かしながら、くるみやキャラメリゼなども使ってパイ生地で仕上げています。

1袋にひと口サイズのパイが2個入っています。口に入れた途端、ソースなどのこってりした味がして一瞬ビックリしますが、サクサクとしたパイ生地との相性も意外とよく、いかにも大阪らしい味が本格的なスイーツで味わえるのにただただ驚きました。大阪のお土産として渡して味わってもらうときっと誰もが最初は驚くのではないかと思いますが、そこがまた大阪らしい。商品の包装パッケージもシンプルかつ「たこパティエ、ってなに?」と言われそうなほどインパクト大です。

p10

新大阪駅でも根強い人気を誇る伊勢名物の「赤福餅」。

大阪のお土産のほかにも、京都や神戸などたくさんのお土産が、アントレマルシェ新大阪で入手できます。2013年に式年遷宮が行われる伊勢神宮の名物「赤福餅」(8個入、700円/12個入、1000円)も、新大阪駅では根強い人気で、売上ランキングで常に上位に入るお土産の1つです。

大阪でお土産をうっかり買い忘れた、お土産を買う時間がないまま新大阪駅まで来てしまった……そんな旅行客や出張客、帰省客にもおすすめ、人気の定番から話題の新作まで幅広い商品ラインナップでお土産がそろうアントレマルシェ新大阪でぜんぶそろいます。大阪ならではのこだわりのお土産、ぜひ見つけてみてください。
p11

定番のお土産からこだわりの厳選スイーツ、実演販売するコーナーもあるアントレマルシェ新大阪。新幹線に乗る前のお土産選びにピッタリ。

※ 価格は税込、2013年4月現在
※ 一部のキヨスクで販売価格が異なる場合があります

<DATA>
アントレマルシェ新大阪
(新大阪駅新幹線中央改札前)

■ 住所:大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1 新大阪駅内
■ 営業時間:6:30~21:30

※上記データは記事公開時点のものです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。