“コナモン”は外せない、2012年GWヒット「ふわんとろん」も

p4

本場のたこ焼がそのまま持ち帰れる冷凍パックのたこ昌「秘伝しょう油たこ焼」。

大阪のグルメといえば、たこ焼きやお好み焼きなどの“コナモン”のイメージが根強くあります。現地でできたてアツアツを食べるのはもちろん美味しいけど、本場・大阪の味を持って帰りたい人もきっと多いはず。

p5

しょう油味がベースでそのまま食べても特製ソースをかけもOK。ねぎたこ焼や明石焼とセットになった商品も。

道頓堀にあるたこ焼割烹たこ昌の「秘伝しょう油味たこ焼」(14個入、1050円)は、たこ昌独自の熟成させたしょう油と厳選素材を使い、1個1個ていねいに焼き上げています。しょう油ベースなのでなにもつけずにそのまま食べてもいいですし、お好みでかける特製ソースが付いています。

冷凍で売られていて、電子レンジで温めるだけで簡単に食べることができます。ほかに、ねぎたこ焼や明石焼も販売されています。

そして、大阪らしい“みたらし”の和菓子で人気なのが、千鳥屋宗家の「みたらし小餅」(12個入、650円)です。千鳥屋は、長崎に伝わった南蛮菓子の製法を学び、寛永7年(1630年)に創業した老舗和菓子屋。大阪では“千鳥饅頭”のお店としてよく知られています。

p6

甘辛のみたらしだれを包んだかわいい小餅が入った「みたらし小餅」。ひと口サイズで手軽に食べられます。

この商品は、国内産の上質な米を使ったお餅で甘辛のタレが包まれています。ふんわりとしたお餅の食感、口の中でとろりと広がるみたらしだれの味わいが絶妙にマッチする、見た目もとてもかわいいひと口タイプです。一般的にみたらし団子というと、串に刺さっているイメージですが、こちらはお餅の中にたれが入っているので食べやすく、手を汚す心配もありません。

p7

「ふわんとろん」は通常のカステラより“半熟”なのがポイント。

また、新たな大阪土産として2012年春に登場して大きな話題となったのが、サンタプラネットの「大阪半熟カステロふわんとろん」(8個入、735円/12個入、1050円)です。

ふわんとろんは、新大阪駅と大阪駅の駅ナカ店舗などで販売されるやいなや、道頓堀をバックにした女性芸人のテレビCMと合わせ、この年のゴールデンウィークには売り切れも続出したほど。通常のカステラより“半熟”なのが特徴で、口の中でふわふわした食感が楽しめます。ひと口サイズなので2個、3個……と思わず続けて食べてしまうおいしさです。

通常のふわんとろんに加え、季節数量限定のスペシャルな味が登場することも。ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。