株式投資をしている人なら、一度は、「ROE」という指標を耳にしたことがあると思います。なんとなく大切そうな指標ではあるけれど、その意味はよく分からない、なぜ大事なのかも分からない、という方が多いのではないでしょうか。

株式投資の神様ウォーレン・バフェットが重視していると言われるROEについて、今日は取り上げたいと思います。

ROE(自己資本当期純利益率)とは、株主のリターン

ROE(アール・オー・イー)は、株主である読者のみなさんが、株式投資に対するリターンの良し悪しを判断するための指標です。株式投資においては、とても大切な指標です。

株主が出資した100円を活用して、1年でいくらの利益を稼ぎ出したか?
これがROEです。

例えば、株主が100円を出資して、1年で10円の利益を稼ぎ出したら、
ROE = 利益10円 ÷ 株主の出資100円 ×100 = 10%
となります。

ROEが高いということは、株主の出資したお金を企業が上手く活用し、多くの利益を生み出しているということです。逆に、ROEが低いということは、株主の出資したお金を企業が上手く活用しておらず、あまり利益を稼げていないか、最悪の場合、赤字になっているということです。

ROEは、Return On Equity の略です。日本語にすると、Equity(自己資本)に対するReturn(当期純利益)で、自己資本当期純利益率と訳されます。

ここでいうEquity(自己資本)とは、会社を設立する際に株主が出資した「資本金」や「資本準備金」のほか、会社が設立されて以来稼ぎ出してきた利益の総額である「利益剰余金」を含みます。また、企業が保有している「投資有価証券の含み損益」も自己資本に含まれます。さらに、企業が保有している「自己株式」は、自己資本から差し引きます。

一方Return(当期純利益)とは、税金等を差し引いた後の利益をさします。


ROEのイメージ

【図 ROEのイメージ】



次のページでは実際の企業、MonotaRO(3064)のROEを見てみましょう!