昔ながらのタイの雰囲気を味わえる「タイの京都」チェンマイ

 

 ワット・プラタート・ドーイステープ


タイ旅行でまず行くのはバンコク。バンコクは、王宮や暁の寺、大きな寝釈迦仏があるワット・アルンなど見どころ満載。ショッピングも楽しめる、にぎやかなタイの首都です。それから、プーケット島やサムイ島、ピピ島といったビーチ・リゾートに行く人も多いでしょう。

ただ、タイ北部のチェンマイとなると、行く人はそれほど多くないかもしれません。ですが、タイ旅行で、チェンマイはぜひお勧めしたい旅先です。

 

 ワット・プラタート・ドーイステープ


なぜならチェンマイは、「タイの京都」とも呼ばれる、ゆったりムードの古都なのです。バンコクや、リゾート地とは違った、昔ながらのタイの雰囲気を味わうことができます。

ワット・プラタート・ドーイステープ、ワット・プラ・シンなど、北部タイ様式の寺院群がすばらしく、手工芸にも北部タイ独自のものがあります。

チェンマイ終日観光のツアーでは、まる1日じっくりかけて、チェンマイの有名なお寺をめぐります。前述の2つの寺院のほか、ワット・チェディ・ルアン、ワット・チェン・マンなどもめぐります。

その後、手工芸の村、サンカンペーンへ。サンカンペーンのボーサーン村は、色とりどりの傘が名物で、「ボーサーンの傘」で知られています。きっといいおみやげを見つけられることでしょう。

<DATA>
■チェンマイ終日観光
取扱会社:HIS
ホームページ:チェンマイ終日観光

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。