むくみとは、身体の皮下組織などに余分な水分が貯まった状態のことをいいます。妊娠中は血液の水分が増え、エストロジェンの作用で水分を溜め込みやすくなっているそうです。むくみを取るためには、冷えをとって、血流を良くすることが大事ということで、私がやっている方法をご紹介します。
undefined

 

足湯で体を温める

まず、足湯は効き目があります。本当は半身浴をしたいところなのですが、妊娠中は長くお風呂に入るのも疲れるので、寝る前に足湯をやって体を温めています。

足湯用のバケツがあると便利です。少し熱めのお湯(40度前後)をふくらはぎの中くらいまでに入れて、ひざ掛けをして15~20分つけておきます。

冬場は冷めやすいので、時々差し湯をします。本などを読みながらだと、あっという間に時間がたちます。服を着たままできるのも便利です。

むくみがひどい時にはマッサージを

むくみがひどい時にはマッサージもします。マッサージオイル(太白ごま油やオリーブオイルでもOK)をひざ下に塗り、足の先端からふくらはぎに向けて優しくマッサージします。

とくに妊娠中はツボ押しなどで強い刺激を与えるのでなく、リンパの流れをよくするリンパマッサージが良いと聞き、実践しています。

■マッサージのやり方
  • お腹に負担をかけないように足を前面に伸ばして座る。
  • マッサージするほうの足を軽く曲げて、足首へ両手を当てる(この時、両手の親指以外の4本でふくらはぎを支えるように添える)。
  • 親指は足の骨の両側に添える。
  • ふくらはぎに添えている親指以外の指を両手とも膝に向けて、ずらしていく(力は入れないように)。
優しくさすっていると、足が温かくなってきて、血流がよくなるのを感じます。

そのほか、足を締め付けないようにゴムなしの靴下(5本指)を履くようにもしています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。