三浦三崎港の特産品が店内いっぱいに並ぶ産直センター

 

 

明治時代末期よりマグロ船の基地として定着して以来、日本有数のマグロ水揚港の地位を確立した三浦三崎港。産直センターでは、スーパーでは見ることのないマグロの目や心臓や皮などが売られています。マグロだけではなく、三浦半島の豊かな農地で生産された野菜なども販売されています。またハマグリやサザエなどの磯焼きもあり、香ばしい匂いに誘われます。
 

 

三崎港から大橋を渡れば、そこは自然あふれる城ヶ島。沿岸の一部はハイキングコースになっていて、目の前には太平洋が広がり、沖合に伊豆大島を望むことができます。波の浸食で削られた岩場は滑らかで、馬の背洞門など自然の力で生み出された見事な芸術作品に感動します。自動車が近づけないので、聞こえてくるのは波の音と時折遠くから聞こえる船の音だけです。

 

 

人が歩けない険しい崖はクロサギの繁殖地となっていて、神奈川県の指定天然記念物となっています。

■三浦三崎港
住所:神奈川県三浦市三崎5丁目3番1号(産直センター)
電話:046-881-6721
営業時間:9:00~17:00、日曜7:00~17:00
東京からのアクセスJR山手線「品川」駅下車、京急本線「三崎口」よりバス20分
URL:http://www.cfnets.co.jp/misaki/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。