素顔のワルシャワを楽しもう

ワルシャワ

ワルシャワ

ヨーロッパの真ん中に位置し、ヨーロッパの心臓と呼ばれるポーランド。南部の山岳地帯を除いて国土のほとんどが平野で構成されている平原の国です。

その首都ワルシャワは1611年にジグムント3世がクラクフから遷都して以来、北のパリと称えられた美しい街。

最大の見所である世界遺産に登録されたワルシャワ旧市街を始め、ヴィラヌフ宮殿、聖十字架教会、文化科学宮殿の他、ショパン博物館やコペルニクス科学センター、国立博物館など博物館や美術館も充実しています。

個人的にお勧めなのはヨーロッパで最も美しい公園の1つと言われるワジェンキ公園と、あまりガイドブックには載っていないワルシャワ大学図書館の庭園。

5月~9月なら、新市街にある聖母訪問教会の横からヴィスワ川方面に降りたところにあるマルチメディア公園の噴水ショーも必見です。

また夏季と言えば、ポーランドに限らずヨーロッパはベストシーズンで、どこの国でもイベントが花盛り。特にワルシャワは音楽の都なので、連日のように音楽関連のイベントが開催されています。

観光客も参加しやすい無料で楽しめるコンサートや、その場で申し込めるイベントも多数あるので、ツーリスト・インフォメーションで情報収集するといいでしょう。

ポーランドはまだ日本では観光地としてマイナーなので、日本で入手できる情報は限られています。現地の日本語ガイドツアーを利用すると、裏話や穴場スポットなど色々教えてくれるので、旅行がより一層有意義なものになりますよ!

■ツアー名
世界遺産のワルシャワ市内プライベート半日観光

■催行会社:メロディーツアーズ
HP:http://www.alan1.net/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。