おとぎ話の世界に紛れ込んだような錯覚に襲われる「グエル邸」

 

 

 

 

バルセロナが生んだ建築家の巨匠アントニオ・ガウディの代表作、グエル邸の細部にまで迫るツアーです。7年間にも及ぶ長い修復工事を経て、2011年5月にようやく再オープンしました。

グエル邸は、ガウディの初期の代表作品で、ユネスコの世界遺産にも登録されています。ガウディのよき理解者で生涯にわたって支援し続けたエウセビ・グエルの依頼にもとづいて、1886年から1890年の4年の歳月をかけて建築されました。

完成した建物は、グエル自身が邸宅、迎賓館として使用し、グエル自慢の建物でした。内装にはイスラム教のムデハル様式を随所に取り入れ、ふんだんに使われた大理石が重厚な雰囲気を漂わせています。ほかにも、鉄、木、セラミックなど、さまざまな素材が使われ、細部にまで贅沢な装飾が施されています。

迎賓館は豪華な雰囲気に包まれ、ガウディの建築スタイルと技術を垣間見ることができます。各フロアは螺旋状の階段で繋がれ、独特の曲線美を作り上げています。見上げる天窓は、星空のような輝きを放っています。また、テラスには、カラフルなセラミックのモザイクで作られた煙突が林立し、おとぎ話の世界に紛れ込んだような錯覚に襲われます。

<DATA>
■グエル邸午後半日観光
取扱会社:JTB Viajes SPAIN S.A. Barcelona
催行日:火・水・木・金・土曜日
ガイド:日本語
訪問スポット:グエル公園
所要時間:3時間(14:30スタート)
出発場所:バルセロナ シルケン・グラン・ホテル・ハバナ正面玄関
食事:なし
料金:65ユーロ(2013年3月現在)
ホームページ:グエル邸午後半日観光
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。