燃費、電気料金、自動車税などトータルコストを見ても、リーフは魅力的

「電気自動車は高い」と思っている人がいまだ多い。しかし、間もなく電気自動車のリーフが28万円もの値下げを行う。となれば同じクラスのプリウスと比べたって魅力的な価格になるのだ。いや、エネルギーコストまで考えた「総費用」まで考えると、プリウスより一回り小さいアクアと比べたって負けていない。以下、キッチリ計算してみたい。

日産の電気自動車「リーフ」。間もなく28万円もの値下げを行う

日産の電気自動車「リーフ」。間もなく28万円もの値下げを行う


まず値下げの後のリーフの価格だけれど、プリウスの『G』と装備内容近い『X』で269万7950円。こう書くと「プリウスは252万円だから20万円近く安い」と思うかもしれない。装備内容を見るとリーフはナビ付き。プリウスに純正ナビを付けたらリーフの『X』より高くなってしまう。最も安価なディーラーナビだって10万円はする。

100歩譲ってリーフの方が8万円高かったとしよう。されどエネルギーコストの差により、すぐモトを取ってしまうのだ。リッターあたり20kmも走る低燃費のプリウスですら、1万km走るため500リッターのガソリンを使う。1リッター150円と安めに見積もって7万5000円(燃費1リッター10kmのクルマだと15万円だ)。

リーフは1kWhあたり6.5kmくらい走る。電気料金の中で最も高い29.1円の家庭用電力で計算したなら、4万5000円。3万円安くつく。つまり3万km走っただけでプリウスより総合コストで安くなるのだ。オール電化住宅なら「お得なナイト8」(夜間は1kWhあたり11.82円)という契約で充電出来るだろう。

原発が稼働していなくても夜間の電力は余っている。これを使って夜の間に充電すると、1万km走って1万8000円! さらに外出先で充電することだってあると思う。私の場合、急速充電の取材を兼ね、外出先で充電する機会が多いため、全消費量の半分くらい無料で済んでいる。いずれにしろ3万km走ったらプリウスとの価格差はゼロに。

その他、自動車税だって安価。リーフは最低税率なので2万9500円。1.8リッターのプリウスだと3万9500円。10年持っていると10万円違う。大雑把な計算をすると、5年/5万km走った時は、10万円くらいリーフの方が安く済む。10年/10万kmだと、さらに20万円、リーフの節約金額が増える。

リーフは1kWhあたり6.5kmくらい走る

リーフは1kWhあたり6.5kmくらい走る


リーフを買って感じるデメリットは「140km以上走ろうとすると途中で充電しなければならない」ということだけ。これだって2年もすれば 日本中に急速充電器が増えていく(3年間で急速充電器3万5700基分の予算を計上している)。参考までに書いておくと、10年/10万km走った時点での電池容量は新車時の80%前後だという。

そうそう。アクアとリーフだった。アクアの価格は同じ装備内容のプリウスと20万円差。リーフとプリウスの総費用は10年/10万kmで30万円差。長く乗ればアクアより安いということになる。興味あれば日産のディーラーにでも遊びに行き、リーフの試乗なんかしてみて欲しい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。