大切なのは、スーツケースの大きさよりパッキング術・収納術

海外旅行のパッキング術

荷物をすっきりと収めるために賢いノウハウを身につけよう

みなさんはスーツケースを何個お持ちですか? 一般には、スーツケースは旅行の日数に応じて使いこなした方がいいとされています。
  • 3~4日 50リットル前後
  • 5~1週間 70リットル前後
  • 1週間~10日 90リットル前後
  • 10日以上 100リットル前後
しかし、旅行日数に合わせて大きさの異なるスーツケースを何個も持っているという人は少数派ではないでしょうか? スーツケースはかさばります。レンタルするならばともかく、ほとんどの方は大小2個程度を旅行に合わせて使い分けているというのが実情でしょう。

たとえどんなに余裕を持って大きめのスーツケースを選んだとしても、効率よくパッキングできなければ、中はぐちゃぐちゃ、帰りの土産物も入りきれず、空港で重量オーバーを指摘され課金されるかもしれません。そんな事態を防ぐために、効率的なパッキング術を探ってみました。

スーツケースパッキングの4つの大原則

まずは大原則からご紹介します。

  1. 持っていく服は軽量でシワになりにくいものを中心に
  2. 旅行の日程に合わせてコーディネートを考えて、着回しが効く服をピックアップ
  3. 「あったら便利かも」「持って行ったら使うかも」は厳禁
  4. お土産を入れるスペースを残しておこう

  • 持っていく服は軽量でシワになりにくいものを中心に
1. については言うまでもないでしょう。どんなにきれいに畳んでも、長時間フライトと現地に着いてからの移動時間の間に、どうしてたってシワの一つや二つはできてしまいます。ホテルにアイロンがある、あるいはホテルでアイロンがけを頼むというのなら別ですが、手間は少ないにこしたことはありません。であれば、シワになりにくい素材を中心に! 丸めてもシワになりにくい軽量の化学繊維がお勧めです。

もちろん冬場などは、この条件をクリアした洋服だけで済ませるのは難しくなります。ウールやレザーが必要な場所もあるでしょう。人によっては「私は天然繊維じゃなきゃイヤ」という方もいるでしょう。ここで大事なのは、「できるだけ軽量に抑える」という意識。旅行先の気候や環境、自分の好みをベースに、すっきり見えて、あまり荷物にもならず後から手間がかからない素材を少しでも増やしてみてはいかがでしょう。

  • 旅行の日程に合わせてコーディネートを考えて、着回しが効く服をピックアップ
2. については、想像力をたくましく膨らませましょう。旅行の日程に沿って「この場所ではこんな服を着たい」「こういう装いであの場所を訪れたい」をイメージした上で、1. の原則を踏まえながら着回しの効く服をピックアップしていきます。こうしたコーディネートを考えるのは、旅行前の楽しい作業。私の友人には、旅行期間中の組み合わせをすべて考え、イラストに落としこむという強者もいます。そこまでは無理でも、手持ちの服の中から1の条件に沿った服を選びたいものです。

  • 「あったら便利かも」「持って行ったら使うかも」は厳禁
3. は整理整頓の大原則でもあります。スーツケースの効率的な収納術は、身の回りの片付け術によく似ています。「どうしよう」と迷ったら持って行かない、「何かで使うかも」という根拠のない判断には自らNOの答えを出しましょう。本当に必要なモノであれば迷うことなく持っていくことを決めるはず。「迷い」は「詰めるな」と同意語です。

  • お土産を入れるスペースを残しておこう
これはイエメンで買ってきた家のミニチュア。お土産との出会いは一期一会。大事にしたい

これはイエメンで買ってきた家のミニチュア。お土産との出会いは一期一会。大事にしたい

4. は一番見過ごしがちな点です。「お土産なんて買って行かない」主義を貫く覚悟の人なら別ですが、旅行先で気に入ったモノがあればついつい買いたくなるのが人の常。

でも、「荷物になるから」という理由で買わずに帰ると、「ああ、買っておけば良かった」と後悔が残ります。同じ場所を何度も訪れられるわけではありません。旅先での出会いは一期一会。だったら、スーツケースに余裕を持たせて旅立ちましょう。旅行先で後悔のないお買い物が楽しめます。

>>衣類の2つの畳み方