さまざまなシュチュエーションでダイビングが楽しめるポイント 一反瀬

鹿児島市の南約380キロに浮かぶ亜熱帯の島・奄美大島。東に太平洋、西に東シナ海を望むサンゴ礁の島です。島の大きさは沖縄本島、佐渡島についで日本で3番目に大きく、そのほとんどが山と森に覆われている大自然溢れる島です。

奄美大島のダイビングポイントは、北部、中部、南部に分かれ、エリアによって楽しみ方が異なります。なかでも北部エリアは奄美空港から一番近く、アクセスが抜群。到着後すぐのダイビングも可能で、最終日ものんびり過ごせるのが魅力です。

北部の海は、回遊魚とダイナミックな地形が楽しめる東シナ海、波が穏やかで白い砂地に魚が群れる笠利湾、入り組んだ地形に大物の回遊魚が現れる太平洋と、さまざまなシチュエーションでダイビングが楽しめます。

そして、奄美空港からも近いダイビングスポットが「一反瀬」です。ここには一反ほどの大きな根があり、いろいろな種類の魚が群れています。また、少し離れた根には、スカシテンジクダイやキンメモドキがびっしりと付いていて、水中写真撮影の人気ポイントとなっています。

■奄美大島北部・一反瀬(鹿児島県奄美大島)
■ダイビングサービス:ダイビングショップエンドレスブルー奄美大島、Dive cico 奄美大島ダイビングサービス、奄美大島ダイビングショップ・ネイティブシー奄美他


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。