PENTAXの最短7cmから写せる広角レンズ

世界最小クラスのナノ一眼デジカメ、PENTAX Qシリーズ。そのQマウントシステムの広角短焦点レンズです。焦点距離35mm(35ミリ判換算)相当の画角で、最短7cmからの近接撮影も可能と、小物をかっこよく撮影するにはなかなか便利なレンズです。

ちなみに広角レンズの特徴として、遠近感を強調するという点があり、近いものをより大きく、遠いものをより小さく見せます。ですので、被写体から遠い位置で撮影すると、すべてがこじんまりと小さくまとまってしまい、メリハリのない写真になってしまいます。ゆえに、なるべく被写体を近い位置で写せば、広角レンズのよさを活かした面白い写真になります。この最短7cmから撮影可能というのは、考えるだけでもわくわくさせられるわけです。

また、これは「トイ・レンズ」という名前の通り、通常のレンズのようにくっきりはっきりシャープに写るものではなく、トイカメラのように、どこか柔らかな、味わいのある写真を撮ることができます。写真を撮る楽しみを広げてくれる、面白いアイテムです。


■PENTAX - 04 TOY LENS WIDE
メーカー名:ペンタックスリコーイメージング
価格:5980円
公式HP:http://www.pentax.jp/japan/products/q10/6lenses/#e_4





■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。