プリザーブドフラワーにする花を、洗って乾燥させる作業を説明していきます。ここで形を整えていくことが、プリザーブドフラワーの完成度を高めます。


洗浄・保存の手順

脱色液に入れる

着色液から花を取り出し脱色液へ

1.着色液から取り出す
着色が終わったら、着色液から花を引き上げ、再び脱色液に浸けます。






手早くすすぐ

脱色液で、余分な着色液を落とす

2.脱色液で洗浄する
脱色液の中で花をそっと揺り動かし、花の表面についている余分な着色液を落とします。この振り洗いは、手早くしないと脱色が始まってしまうので注意しましょう。




3.乾燥させて完成
着色と洗浄が終わった花を、台などに乗せて直射日光を避けて乾燥させます。元の花の形が悪かったり、作業中にクセがついてしまったものは、乾燥中に形を整えて仕上げましょう。これで完成です。

乾燥時間は、花の大きさや温度・湿度によって変わりますが、2~3日から1週間程度です。


猫除けネットで乾燥

猫除けネットでの乾燥

・猫除けネットで乾燥
花壇用の猫除けネットを利用して乾燥させる方法です。トレイの上にキッチンペーパーを敷き、猫除けネットを置いて花を乗せて乾燥させます。




水切りネットでの乾燥

水切りネットを使っての乾燥

・水切りネットで乾燥
密閉容器や紙コップなどに水切りネットをかぶせてテープで留め、そのうえに花を乗せて乾燥させます。小さな花を乾燥させるときに便利です。




紙コップでの乾燥

紙コップを使っての乾燥

・紙コップで乾燥
紙コップの底に十文字で切り目を入れ、切れ目に茎を挿して花を乾燥させる方法です。溶液が垂れるので、下に紙皿やトレイを敷いておきましょう。





【関連サイト】
株式会社セイカ~プリザーブドフラワー加工液


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。