プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーの作り方!意外と簡単なお花のアレンジ加工

鮮やかなプリザーブドフラワー。さあ、作ってみましょう!

いよいよ、自分の手でプリザーブドフラワーを作る段階です。まずは基本のプロセスをご紹介しましょう。なお、使う生花の種類や溶液によっては、省略されるプロセスもあります。

■[事前準備]花材の準備
プリザーブドフラワーは、元の花に元気がなければきれいに作れません。用意した花に元気がない時は、花に水をたっぷり含ませましょう。それには、水切り・水揚げ・湯揚げ・焼き揚げといった方法があります。
詳しくは「花材を元気にする水揚げ・湯揚げ」を参照してください。

■脱水・脱色
生花を脱色液に浸し、生花が含んでいる水分をアルコールに置き換えます。また同時に、花の色を脱色します。
詳しくは「【プリザの手順1】脱水・脱色」を参照してください。

■着色・保存
生花を着色液に浸けて自分の好きな色に着色し、長い間保存ができるように加工をします。
詳しくは「【プリザの手順2】着色・保存 」を参照してください。

■洗浄と乾燥
脱色液で洗浄し、時間をかけて乾燥させます。乾燥させるときに、花の形をアレンジしやすく整えます。
詳しくは「【プリザの手順3】洗浄・乾燥」を参照してください。
 

意外とカンタンなプリザーブド

いかがですか? プロセスは意外とカンタンなのです。基本の作り方と溶液を使うテクニックを覚えれば、あとはいろいろな花材に応用できますよ。

世界にたった一つの、あなたの手作りのプリザーブドフラワー。ぜひ楽しんで作ってみてくださいね。

【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。