佐世保バーガーの代表格 「ログキット」

 

 

港まちとして栄えた佐世保へ、昭和25年頃にアメリカ文化である「ハンバーガー」がやってきたそうです。佐世保バーガーは当時、アメリカ海軍から直接レシピを聞いて作り始めたのがはじまり。以来、「ハンバーガー」は佐世保流にアレンジされ、佐世保の味として育ち、現在の「佐世保バーガー」が完成しました。

佐世保バーガーの特徴は「手作りにとことんこだわる」です。それぞれのお店がこだわりを持って、オーダーを受けてから調理をする佐世保の手作りハンバーガーのことを「佐世保バーガー」と呼びます。

undefined

 

たくさんあるお店お中でオススメしたいのは、「ログキット」。ログキットのこだわりは、ビーフ100%のパティと味を引き立てるオリジナルマヨネーズを使用していることです。佐世保の米海軍基地内で、アメリカ人が食べていたジューシーなビーフの味が忘れられなかったオーナーが、試行錯誤を重ねて出来上がった手作りの味だそうです。

数あるメニューの中で人気ナンバーワンは、「スペシャルバーガー」。直径16センチ、重量500gと食べ応え満点です! 大きなバーガーは、パティ、エッグ、ベーコン、レタス、トマト、オニオンが入っています。ボリュームだけではなく、ジューシーで甘いお肉も、新鮮な野菜も、アツアツのエッグもとても美味しく、一度食べるとハマる味です。

■佐世保バーガー LOGKIT
住所:長崎県佐世保市矢岳町1-1
電話:0956-24-5034
営業時間:10:00~21:00、日曜日10:00~20:00
URL:http://logkit.jp/top

※データは記事公開時点の情報です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。