渦潮を間近に見下ろすスポット

 

 

地名にもあるように、「鳴門大橋」の代名詞とも言える「渦の道 - 渦潮」はお勧めです。
渦の道は鳴門海峡に架かる大鳴門橋の橋桁下部に設置された延長約450mの遊歩道で、展望台から渦潮を間近に見下ろすことができるスポットです。私が行ったときは、残念ながら前夜に雨が降り、水量が増した結果渦潮は見られませんでした。しかし橋から望む鳴門海峡の景色はすばらしく、片方に太平洋、逆に瀬戸内海が見渡せ、渦潮だけが見ものではありませんでした。
 

 



遊歩道の一部がガラス床となっていて、渦潮を真上から見ることができます。また橋が施設によって風の抵抗を受けてしまわないように、遊歩道の仕切りは金網になっているため、海峡からの風も体感できます。冬は少々寒いので、ちゃんと着込んでお出かけした方が良いかもしれません。

既存は徳島県の鳴門公園で、淡路方面から入ることはできません。そのため、淡路から電車、あるいは淡路交通運航のバスで鳴門大橋を一度渡る必要があります。

■大鳴門橋遊歩道 渦の道
住所:徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
電話番号:088-683-6262
営業時間:夏季(3月~9月)9:00~18:00 ※入場は17:30まで
GWと夏休み期間は8:00~19:00※入場は18:30まで
冬季(10月~2月)9:00~17:00 ※入場は16:30まで
料金:500円(大人)、400円(中高生)、250円(小学生)
アクセス:バス 鳴門公園バス停(鳴門市営バス鳴門公園線、徳島バス鳴門線)より徒歩10分
電車 JR徳島駅 →徳島バス鳴門公園行き(約60分)
車 神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北IC」 →車で5分
URL:http://www.uzunomichi.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。