ムール貝の本当の味わいがわかる人気店

 

 

ムール貝といえばここ!といわれるほど、パリでは知らない人がいないくらいの超有名店「Leon de Bruxelles(レオン・ド・ブリュッセル)」。本店はベルギーにあるにも関わらず、パリを代表するグルメとしてパリッ子はもちろん、観光客にも人気です。ファミリーレストランのようなカジュアルさで、パリに9店舗を構えます。

名物はなんといってもバケツいっぱいのムール貝(15.2ユーロ)。ひとバケツが一人前なのか二人前なのか、どちらにせよ一番小さなサイズでも二人で食べるには多いくらいです。日本でムール貝を食べようと思っても、パエリアに添えられているのはせいぜい5つほど。目の前に置かれたムール貝は日本人が一生に食べるムール貝の数よりも多いのではないでしょうか。

その味付けはガーリックなどいろいろありますが、一番人気は白ワイン蒸し。ひとつふたつ食べてみて、「ムール貝って本当はこんな味がするのね」と気づかされます。身はぷりっと弾力があり、ぷるりとした食感。独特の苦みとコクがありそれがクセになります。うす塩でシンプルな味わいなので、いくら食べても飽きません。

バケツの底にはムール貝から出た旨みの凝縮されたスープ。付け合せのパンを浸して食べるのもこれまた美味です。バケツいっぱい出てくる理由がわかります。

■店名: Leon de Bruxelles(レオン・ド・ブリュッセル)
住所: 63 av. des Champs-Elysees, 75008 Paris, France (Champs Elysees)
電話番号:01-4225-9616
営業時間:日~木 12:00~0:00、金・土・祝 12:00~1:00
定休日:月
URL:http://www.leon-de-bruxelles.fr/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。