本場インド料理の後はぜひ「ミターイー」を体験

 

 ラスマライ

激甘スイーツが多いインドの中でも、比較的に日本人の口に合いそうなお菓子を紹介。
インドのスイーツはとにかく甘い!そんなイメージを持っている方、割と多いのでは?確かに、世界一甘いお菓子としてたびたび紹介される「グラブ・ジャムーン」をはじめ、一口かじるだけで砂糖の味がガツン!と舌だけでなく脳にも直撃するような激甘のお菓子がインドにはたくさん。
ただ、どれも慣れてくれば甘さの中に独特のおいしさがあったり、甘さ自体がクセになったり。暑さに疲れた体を癒してくれます。とくにインドは牛乳を使ったお菓子が豊富で、チーズ×牛乳の「ラスマライ」をはじめ、ミルク系が好きな人にはたまりません!今回はその中から、比較的日本人の口に合いそうなものをご紹介します。

チーズとミルクの「ラスマライ」

カッテージチーズをミルクソースに浮かべたお菓子です。ミルクソースはやはり甘く味付けしてありますが、砂糖味がガツンとくる他のお菓子にはない優しさが。チーズはスポンジのような食感で、口に入れると中からミルクがジュワ~と染み出してきます。とくにおすすめの一品。

チャイのようなアイス「クルフィ」

卵を使わずに、甘い牛乳を煮詰めて作るアイス。アイスクリームというよりは昔風の「アイスクリン」に近いシャリシャリ感が楽しめます。通常「カルダモン」というスパイスで味付けするせいか、なんとなくチャイに似た味わい。

砂糖とスパイスの四角いスイーツ「バルフィ」

 

 

よくインドのお菓子屋さんのショーケースに並ぶ、色とりどりの四角いスイーツがこちら。牛乳や砂糖をじっくり煮詰め、さらにスパイスなどを加えて固めたものです。上の二つに比べるとかなり甘く感じますが、ちょっとずつかじっていると牛乳の優しい味わいがしてきてクセになります。

ちなみにインドではスイーツ類を総称して「ミターイー」といいます。本場インド料理を味わった後は、ぜひこの「ミターイー」を楽しんでください!

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。