インドでの思わぬ数々の珍体験をユニークに描いた本

 

 

■書名
身体にやさしいインド

■おすすめポイント

インドは熱帯に属する国です。陽射しはきつく、身体にはやさしいはずがないと考えがちですが、インドは神秘と科学の国です。様々な生きる知恵が、インドを身体にやさしい国にしているのです。

著者は1979年に初めて単身でインドに行き、約2年にわたってインド全土から、ネパール、スリランカ、タイを放浪した経験をもっています。その後も南アジアの地域を繰り返し訪れ、遺跡調査や、神話、伝説、風習、武術、食文化などの情報を集めています。

文化や習慣の違う海外では、思わぬ体験をすることになります。数々の珍体験が、リアルで面白く書かれています。イラストレーターとしても活躍している著者は、他の国ではありえないインドの場面を、ユニークなイラストで描いています。思わずふきだしてしまい、そのまま笑いが止まらないイラストが溢れています。

インド料理のカレーについてのウンチクから始まり、インドの生命科学、アーユルヴェーダについても詳しく書かれています。この本を読んで、インドの麻薬にはまれば、インド旅行は身体にやさしい旅行となることでしょう。

■身体にやさしいインド
著者:伊藤武
出版社:講談社
発売日:1994年9月27日
定価:1500円

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。