訪れるのはなるべく午前早めの時間帯がおすすめ

 

 

 

 

 

 

ツェルマットからハイキングで山上湖を巡りながら、湖面に映るマッターホルンを楽しむことができます。逆さマッターホルンの山上湖としてはリッフェルゼーが有名ですが、ここでは別の山上湖、ステリゼーを紹介します。ちなみに「ゼー」とはドイツ語で「湖」の意味です。

ツェルマットから地下ケーブルとゴンドラを乗り継いでブラオヘルトの駅へ。ここからなだらかな下りのハイキングコースを15分ほど歩くとめざす湖に到着します。

大勢の観光客で賑わうリッフェルゼーと比べ、ここはぐっと静か。湖面に映るマッターホルンの姿は、間違いなくここが一番です。湖の周りには、お土産屋さんなど人工的な建物は一切ありません。

訪れるのは、なるべく午前早めの時間帯がおすすめです。晴れた日でも午後は風が出ることが多く、湖面が波立つとマッターホルンも湖面にうまく映りません。

このままブラオヘルトのゴンドラ駅に戻ってもよいのですが、ステリゼーからさらに15分ほど上りのハイキングで、フルアルプ小屋に行くことができます。夏にはここでの宿泊も可能。最近日本からのハイカーを中心に、人気急上昇中の山小屋です。

このエリアには、ステリゼーのほかにもグリュンゼーやグリンジゼーなど訪れてみたい山上湖がいくつかあり、ハイキングを楽しみながら山上湖めぐりをすることができます。6月後半から7月の時期は、色とりどりの高山植物が目を楽しませてくれます。

■ツェルマット
訪問可能時期:例年6月後半~9月(残雪状況により、年によって多少異なる)
※2013年はスネガ~ブラオヘルト間のゴンドラが6月29日から運行開始予定。
ホームページ:ツェルマット観光局
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。