翠湖の秘境 プリトビツェ湖群国立公園

プリトビツェ湖群国立公園

プリトビツェ湖群国立公園

クロアチアに行ったらここは絶対に外せない。それがこのプリトビツェ湖群国立公園です。エメラルド色に輝くこの湖群は天然の宝石であり、その透明度はもう抜群。一生に一度は行ってほしい場所です。

このエメラルド色に輝く湖群の正体は、石灰岩と雨水によって形成されたカルスト地形とイオンに由来します。石灰岩というカルシウムに富んだ岩石が、雨水によって溶かされることによって、階段状の湖を形成します。湖には様々な種類の魚が泳いでいたり、倒木が沈んでいたりしますが、透明度が高すぎて浮いて見えるほどです。本当に来てよかった。そう思える場所でした。

湖と湖の間には遊歩道が整備され、時間と体力によっていくつかのコースが設定されています。さらに、公園内には船やバスが通っており、ショートカットも可能です。それぞれチケット料金に乗車賃が含まれていますので、一回ずつ乗車することができます。夏期はバス・船ともに30分間隔での運行です。

これだけ素晴らしい湖が見れるならぜひとも行ってみたい。そう思われる方も多いと思います。しかしこのプリトビツェ湖群国立公園一つだけ欠点があるのです。

アクセスがとても悪いのです。クロアチアの首都ザグレブからバスで約2時間。さらにそのバスは人気のため連日込み合います。バスの予約は駅近くのバスロータリーでできますので、前日にチケットを購入したうえ、早めにバス停に並ぶのがよいと思います。帰りも同様ですので、そこだけは注意していきましょう。

■プリトビツェ湖群国立公園
・開園時間:【春・秋】8:00~18:00、【夏期】7:00~20:00、【冬期】9:00~14:00
・アクセス:ザグレブ駅から約2時間

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。