青碧色の海と赤い瓦の家がひしめきあう景色は素晴らしい

 

 

 

 

ドゥブロヴニクを訪れたら、絶対に外せない場所。旧市街をぐるりと取り囲む城壁です。城壁は、全長1940mあり、高さは最高で25mにも達します。

城壁の途中には、ミンチェタ要塞を代表に、見張り塔なども築かれていて、みるからに堅固。北には山、南にはアドリア海。城壁都市として発展したことが頷けます。

旧市街の大部分を破壊した1667年の大地震の際も、城壁だけはほとんど被害がなかったそうです。

この城壁の上には遊歩道があり、旧市街を一周することができます。城壁巡りはかなりの混雑なので、朝一番に行くことをおすすめします。特に、ピレ門近くの城壁入口は非常に混み合い、写真撮影をするような余裕もないのです。

私は、朝8時に城壁巡りへ向かいました。さすがに、この時間だと空いていて、絶景ポイントでゆっくり記念撮影をすることができました。

城壁めぐりは山側が良いと言う人が多いです。時間がないときは、山側を半周すると良いかもしれません。

城壁の上に張り巡らされた遊歩道は1周約2km、遊歩道への入口は3ヵ所ありますが、反時計回りの一方通行なので、城壁の一部のみ歩きたい場合は要注意です。

城壁の上から眺める景色は素晴らしく、青碧色の海と赤い瓦の家がひしめきあっています。「アドリア海の真珠」と言われるのも納得の美しい街を見おろしながら、最高の気分を味わうことができます。

ただ、城壁を一周すると1時間30分~2時間はかかります。思った以上にアップダウンがあり、晴れた日は日差しの暑さでヘトヘトに……。日焼け止めと水分は必須アイテム。飲用可能な噴水があるので、ペットボトルさえあれば、水分補給が可能です。


■ドゥブロヴニクの城壁と要塞
遊歩道の時間:4~10月 8:00~18:00/ 10~3月 10:00~15:00
無休
料金:50kn(学生20kn)

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。