カンボジアの本気と活気が垣間見える「オールドマーケット」

 

 

 

 

皆さんはカンボジアの観光スポットといえば、アンコールワットを含めた遺跡群を思い浮かべるのではないでしょうか。

わたしももちろん、その遺跡群を目当てにカンボジアを旅行したのですが、カンボジアという国が今どんな状況にあるのか、それも見ておきたいところです。

カンボジアは長らく内戦で苦しみ傷ついた国です。しかしわたしが4年前に旅したそこは、傷をいやし、経験を経てよりたくましくなって、観光立国として立ち上がろうといている気概に満ちた国でした。

その活気を一番感じるのが、「オールドマーケット」です。

シェムリアップ川のほとりにあるオールドマーケットは、想像していたよりも小さい建物でしたが、カンボジアのお土産物から日用品までなんでもそろいます。焼物、遺跡や仏像のレプリカ、布と、各店それぞれ得意分野はあるものの、飛びぬけて珍しいというものはありません。

それよりわたしが感動したのは、道端や側溝などにほとんどゴミが落ちていないことです。店にもよるでしょうが、商品にもほこりひとつなし。商売をする上で、整理整頓、掃除は基本だと思います。それをきちんと実践しているこの市場に、カンボジアの本気がうかがえると思うのは、うがちすぎでしょうか?

カンボジアの人々の活気は、のんびりとした風情を求めて来られた方には、もしかしたら、当てが外れてがっかりされるのかもしれません。ですが、わたしはこの活気にこそ勇気づけられた気がします。

あなたはどうでしょうか? ぜひカンボジアに行って、ご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。


■オールドマーケット
住所:Old Market Area, Siem Reap
営業:売り場によって異なる。だいたい早朝から19:30頃まで
定休:無休
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。