オプショナルツアーで世界遺産アンコール遺跡群をじっくりと!

アンコール

聖池に映る逆さアンコールも美しい

150年前に再発見されるまで密林の奥深くに埋もれていたアンコール遺跡群。シェムリアップ市内から約15分の場所に位置するアンコールワット周辺には数多くの遺跡が点在するほか、郊外にも大自然の中にひっそりと佇む魅力的な遺跡がちらほら。日本からは乗り換え時間を除くと7~8時間で行くことが出来る神秘の国、永い眠りから覚めつつあるアジアの至宝を訪ねてみませんか?

シェムリアップのおすすめオプショナルツアー

たくさんの魅力的な遺跡群が至る所に点在しているアンコールワットの街。オプショナルツアーをうまく使えば、効率的、かつ楽チンに周ることが出来ます。日本語ガイド付きのツアーを数多くご用意していますので、遺跡の歴史について詳しく聞ける上に、厳選されたスポットのみ周ることも可能です。

■息をのむ美しさ、アンコールワットと朝日鑑賞
日の出

朝日で徐々にピンク色に染まっていくアンコールワットはまるで美しい絵画のよう

アンコールワットの背後から昇る朝日が、辺りを暗闇からピンク色にゆっくりと染めていく様子はまさに感動! 朝日が完全に上がるまでずっと眺めていたい景色です。聖池に映る逆さアンコールも見どころのひとつ。早朝ツアーのため、他のツアーと組み合わせる事も可能です。アンコール遺跡を1日で周るツアーや、プノンバケンの夕日鑑賞ツアーも人気です。


■深い森に眠る未開の巨大寺院、ベンメリア
ベンメリア寺院

木の根に覆われひっそりと眠るベンメリア寺院

アンコールワットから東へ車で約1時間、うっそうとした森の中に埋もれた巨大寺院ベンメリア。現在も修復が施されないまま放置されているため、森に入った途端に神秘的なムードが漂います。郊外に位置する遺跡のため、ホテルからの送迎付き、日本語ガイド付きのツアーが断然便利でおすすめです。自分のペースでゆっくりと周れることから貸切チャーターで訪れる人も増えています。


■ありのままの水上生活を見学、トンレサップ湖
水上家屋

トンレサップ湖に浮かぶ水上家屋

東南アジア最大の湖トンレサップ湖には、漁師が水上で生活するフローティングビレッジがあります。家屋、小学校、商店、バスケットボールコートまでもが水上にぷかぷかと浮かぶこの珍しい街、ボートに乗って見学するツアーもあるほどの人気です。シェムリアップ市内から車で約30分と、郊外に位置するため、個人で行くのはちょっぴり大変。。ホテルからの送迎、日本語ガイドが付いたツアーで安心、便利な観光に繰り出しましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。