アンコールワット、アンコールトムと夕日鑑賞

アンコール・ワット

アンコール・ワット

カンボジアのシェムリアップの郊外に広がる二大遺跡のアンコール・トムとアンコール・ワットを、一日かけて巡るツアーです。各々の遺跡のツアーに別々に参加するより、セットになっているため、料金は割安となります。

スケジュールのおおまかな流れは、午前中にアンコール・トム、午後にアンコール・ワットを訪れます。

個人でガイドブックを片手に道に迷いながら、夥しい数のスポットを巡るより、専門のガイドと一緒にまわる方が、がぜん効率的です。加えてプロのガイドが、目の前に見えるものを丁寧に説明してくれるため、ガイドブックの中の小さな文字を読むことなく、様々な情報がゲットできます。

アンコール・トム観光では、南大門、バイヨン、バプーオン、ピミアナカス、象のテラス、ライ王のテラス、タ・プロムの人気のスポットを全て網羅し、9世紀から15世紀まで東南アジアを支配したクメール王朝の歴史と文化を、詳しく学ぶことができます。

午後のアンコール・ワット訪問では、回廊に延々と描かれるレリーフの意味をかみ砕いて説明してくれるため、日本では馴染みの薄いヒンドゥー教の文化に迫れます。

また、昼食と夕食には、バラエティー豊富なカンボジア料理が味わえるばかりでなく、ディナーはアプサラダンス鑑賞のお楽しみつきです。

<ツアー概要>
取扱会社:HIS
催行日:毎日
ガイド:日本語
訪問スポット:アンコールトム観光(南大門、バイヨン、バプーオン、ピミアナカス、象のテラス、ライ王のテラス),タプロム,アンコールワット
所要時間:12時間(8:00スタート)
出発場所:各ホテルまたは指定集合場所
食事:昼食・夕食
料金:遺跡の入場料を含まずUS$70.00(2013年3月現在)
HP:http://activities.his-vacation.com/jp/jp/TourLeaf/REP0029.htm
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。