日本人が技術指導したスリランカ人指圧師の技は、丁寧でかつ繊細

 

 

「Thusare Hosue & Spa」は、スリランカで日本人が経営するマッサージ店です。もちろんアユールベーダーもおすすめなのですが、このお店は日本人の方が経営するだけあって、指圧を楽しむ事が出来ます。

もともとはソーシャルカンパニーとしてスタートしているこの会社ですが、海外における身体障害者の就業率というのは大変低いそうで、スリランカはもともと故ジャヤワルダナ大統領が、自分が死んだら「片方の目をスリランカの人に、もう片方の目を日本の人に」と角膜の提供を遺言として残した事もあり、その後にたくさんの人たちの角膜提供を日本人が受けており、そのおかげで視力が戻った人もたくさんいるというストーリーのある国でもあります。

このお店は、そんなスリランカの人たちを逆に日本から支援したいという事で、目が不自由なスリランカの人たちの雇用を目的としています。日本の目が不自由な指圧師の先生がスリランカへ渡り技術指導したその技は、丁寧でかつ繊細で、指先が日本人に似て器用だと言われているスリランカ人だからこそ再現できる日本の指圧体験が出来ます。

また、アユールベーダーのドクターも常駐しています。ドクターはもともとコロンボ大学のユールベーディックの先生に師事した人なので、大変丁寧でメソッドもきちんとしており、かつ女性特有の心遣いに驚きます。

欧米からの顧客も多いこのお店はほとんどの方が、フェイシャルマッサージを終えた後にメディテーションの状態になり、意識はあるが記憶がないような神秘的な状態に陥るようです。そのまま1時間ほど深い眠りに落ちてしまう人なども多いとか……。


■Thusare Hosue & Spa
住所:103/12, Dharmapala Mawatha, Colombo, Sri Lanka
TEL:+94 11 4 369967
メール:thusarehouse@gmail.com

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。