とにかくきれいな「トイレ」。日本風なカフェもおすすめ

 

 

スリランカに行ったら一度は有名な「世界遺産」とされている「巨大仏教遺跡群」や、ジャングルの中にそびえ立つ「シーギリア」などをまわりたいと思います。

現在スリランカでは、空港からそうした世界遺産の密集する文化三角地帯へ向かう手段としては、「クルマ」と「電車」の2つしかありません。

しかし、電車で行く場合、ローカル路線であるうえ、冷房は入っていませんし、時間帯によっては大変混み合うのでスリや痴漢などの被害を受けることも。

というわけで、ほとんどの人は、バンダラナイケ国際空港に到着すると、そのままそのすぐ側のビーチリゾートである「ニゴンボ」で宿泊し、翌早朝からクルマ移動で文化三角地帯へ向かう事が多いのですが、この時に女性が特に苦労するのが「トイレ」です。

スリランカのローカルサイドに出てしまうとトイレがきれいな所が少ないのです。きれいなトイレでも前の人が使った後は、インドカレー圏特有の「ウォシュレット」のせいもあり、女子トイレは水でビチャビチャという事も少なくありません。

今回紹介する「Channa's CAFE」は、そんなニゴンボ~文化三角地帯を結ぶキャンディロード沿いにあるきれいなサービスエリアです。ピンナワラへ向かう前に一息入れるのにも良い場所です。

おすすめはとにかくきれいな「トイレ」。いついってもトイレは清掃されていて気持ち良く使えます。

日本文化が大好きなオーナーは畳の部屋まで完備。カフェも併設しているので、砂糖の入っていない、自分で甘さを調節出来るコーヒーや、日本的な味のスイーツも楽しめます。また大きなサブマリンサンドなども、現地の材料で日本風レベルの味を目指しているのでかなり美味しくいただけます。

もしキャンディロードを通ってどこかへ出かけたりするのなら、この地でいったん足を泊めてきれいなトイレを利用して、美味しい料理と、そして日本語で交わされる会話を楽しんでみてください。


■Channa Boutique Restaurant
住所:B7, KANDY ROAD, MEEPITIYA,, Sri Lanka Kegalle
TEL:+94 35 2 221009
ホームページ:Channa Boutique Restaurant

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。