上半身がライオン、下半身は魚の有名な像

 

 マーライオン

“3大ガッカリ観光名所”の筆頭、という不名誉な評判のマーライオンです。しかし2004年の移設以降、絶好の名所に生まれ変わったことをご存知ですか。



“ガッカリ名所”の原因になっていた要因の一つは、口から水を勢いよく出させるはずのポンプの故障にありました。しかし移設に伴い、ポンプが修復されました。また、マーライオンを正面から見ることができない、という難点も、桟橋が増設されることにより解決されました。



現在、新生マーライオンの背後には、重厚なフラトン・ホテルと、世界銀行の集まったラッフルズ・プレイスの高層ビル群がそびえたっています。そしてカラン川を挟んだ前方には、2010年にオープンした世界最大のカジノを含むマリーナベイ・サンズの3つの高層ビルと、その上に載った空中庭園「サンズ・スカイパーク」、そしてその隣にある大きな花が開いたような形の現代建築、美術科学博物館を眺めることができます。



マーライオンの背後から見るマリーナベイ・サンズは、シンガポール観光の記念撮影スポットとなることでしょう。ちなみにマーライオンの後ろには、ミニマーライオンがいるんですよ!


■Merlion Park(マーライオン公園)
住所:Fullerton Road, Singapore 049213, Singapore
電話番号:65-6736-6622
入場時間:毎日24時間
入場料: 無料
アクセス:MRTラッフルズ・プレイス駅より徒歩約5分

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。