建築物文化遺産として政府に認定

 

 

九龍の観光メッカ『1881Heritage』をご紹介します。
こちらは、1881年から建設が始まった、香港の歴史的価値のある建築物をそのまま利用し、ホテル、高級ブティック、レストランの入った施設として2009年にオープンしました。元は、香港の水上警察署だったそうです。1994年に香港の建築物文化遺産として政府に認定され、イギリス植民地時代を彷彿とさせる貫禄を放っています。

チムサーチョイの喧噪とは裏腹に、とてもエレガントなたたずまい。コロニアル建築そのままにリニューアルされているので、19世紀後半のヨーロッパの雰囲気です。お店も世界の高級ブランドが勢揃いなので、お買い物にもおすすめ。

 

 

中央には吹き抜けの広場があり、噴水が象徴のようになっています。
この広場では季節ごとに催し物やイルミネーションが施され、とても綺麗です。
(写真は2010年のクリスマスシーズン)

ここはいわゆる商業施設のほかに、植民地時代の建築物の見学も開放されています。旧九龍消防局&寄宿舎、時間球塔、煤氣燈(ガス灯)、炮台、大樹などなど…。写真撮影には最適ですね。中国返還からずいぶん時間はたちましたが、イギリス時代の名残はまだまだ大切に残されており、香港を感じられる場所です。
 

 

また、ここの「ザ・パーラー」のアフタヌーンティーもおすすめです。併設されているホテル「HULLET HOUSE(ハレット・ハウス)」内にオープンしたカフェで、テラス席でお茶が頂けます。連日、観光客で行列が出来るほどの人気ですが、旧植民地時代の気分を満喫できます。

昼と夜でまた異なる景色が楽しめるのも魅力のスポットです。

■1881Heritage
住所:尖沙咀廣東道2A號
電話:+852 2926 8000
営業時間:12:00-20:00(展覧施設)
アクセス:MTR尖沙咀駅で下車してL6出口で地上に出てすぐ
URL:www.1881heritage.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。