『ニーベルングの指環』前代未聞の大作

上演に4日かかる超大作。この作品を演奏するために作られたのが専用劇場のバイロイト祝祭劇場。ワルキューレの騎行が有名。ライトモティーフ(示導動機)を張り巡らせ、壮大な物語を重厚に描き出す、人類の遺産的な大傑作。この曲のためにワーグナー・チューバ(ホルンとチューバの間の楽器)が開発されたというエピソードも。

『ニーベルングの指輪』あらすじ(ネタばれあり)

『ラインの黄金』
ニーベルング族のアルベリヒは、ライン川の水底に眠る黄金が世界を支配する力を持つと知り奪う。一方、神々の長ヴォータンは巨人族に居城ヴァルハラを建設させるが報酬に窮し、ラインの黄金を支払いにしようとアルベリヒの元へ向かう。ラインの黄金で作った指環を奪われたアルベリヒは指環の持ち主には死が訪れるよう呪いをかける。指環を受け取った巨人の兄弟は早速殺し合いをする。

『ワルキューレ』
ヴォータンが人間の女と通じて生んだジークムントはジークリンデを実の妹と知らずに家を訪れ、お互い惹かれ合う。夫のフンディングが帰宅し、ジークムントと反目する。ヴォータンの妻フリッカはジークムントの存在に激怒し、ジークムントを殺すようヴォータンに迫り、ジークムントは死ぬ。ヴォータンの娘であり騎士ワルキューレの一人ブリュンヒルデは、ジークムントの子を身ごもったジークリンデを救う。ブリュンヒルデはヴォータンにより眠りにつかされ、炎に囲まれる。

『ジークフリート』
ジークムントとジークリンデの子ジークフリートは、指環の奪還をもくろむアルベリヒの弟ミーメによって育てられる。ジークフリートは、巨人を倒し、ラインの黄金の指環を手にし、ヴォータンも倒す。さらに彼は炎の中のブリュンヒルデを目覚めさせ、妻とする。

『神々の黄昏』
アルベリヒの子ハーゲンにより記憶を失われたジークフリートはブリュンヒルデの愛を裏切ってしまう。ブリュンヒルデは激怒しハーゲンにジークフリートの弱点を教えてしまう。ジークフリートは死に、すべてを知ったブリュンヒルデは自殺し、指環をライン川へ戻す。ライン川はハーゲンを飲み込み、神々の居城ヴァルハラも燃え落ち、指環を求めたものは皆滅ぶ。

『ニーベルングの指環』の聴きどころ

『ラインの黄金』
・アルベリヒが統治する地下の音楽
・ヴァルハラ城への神々の入城

『ワルキューレ』
・ワルキューレの騎行
・ヴォータンの告別と魔の炎の音楽

『ジークフリート』
・ジークフリート ラインへの旅

『神々の黄昏』
・ジークフリートの葬送行進曲
・ブリュンヒルデの自己犠牲

『ニーベルングの指環』のおすすめCD

ヤノフスキ

ヤノフスキはワーグナーを得意としている指揮者

演奏時間が長ければCDも高くなる……が、これは3000円台と破格中の破格! 1980~83年に、残響の美しいドレスデンのルカ教会でライブではなく音楽作品として録音。ジークフリート・イェルザレムのジークムント、 ルネ・コロのジークフリートとヘルデンテノールも揃っている。他にもペーター・シュライヤー、ジャニーヌ・アルトマイヤー、ジェシー・ノーマン、クルト・モルら充実の歌手陣。

Amazon

指揮:マレク・ヤノフスキ
演奏:シュターツカペレ・ドレスデン、ライプツィッヒ放送合唱団、ドレスデン国立歌劇場合唱団
歌手:『ラインの黄金』テオ・アダム(ヴォータン)、イヴォンヌ・ミントン(フリッカ)、ペーター・シュライヤー(ローゲ)、クリスティアン・フォーゲル(ミーメ)、オルトルン・ヴェンケル(エルダ)、ジークムント・ニムスゲルン(アルベリヒ)

『ワルキューレ』ジェシー・ノーマン(ジークリンデ)、ジークフリート・イェルザレム(ジークムント)、クルト・モル(フンディング)、テオ・アダム(ヴォータン)、ジャニーヌ・アルトマイヤー(ブリュンヒルデ)、

『ジークフリート』ルネ・コロ(ジークフリート)、ジャニーヌ・アルトマイヤー(ブリュンヒルデ)、テオ・アダム(さすらい人)、ペーター・シュライヤー(ミーメ)、ジークムント・ニムスゲルン(アルベリヒ)、マッティ・サルミネン(ファフナー)

『神々の黄昏』ルネ・コロ(ジークフリート)、ジャニーヌ・アルトマイヤー(ブリュンヒルデ)、マッティ・サルミネン(ハーゲン)、ジークムント・ニムスゲルン(アルベリヒ)、ノーマ・シャープ(グートルーネ)、ハンス・ギュンター・ネッカー(グンター)


『ニーベルングの指環』のおすすめDVD

ニーベルングの指輪

様々な演出が可能な『ニーベルングの指輪』はやはり目でも楽しみたい

鬼才クプファーによる近未来的な演出にしびれる、現代的解釈の傑作。『ラインの黄金』の冒頭のレーザー光線を使ったさながら『ブレードランナー』と通ずるような世界観にノックアウトされる。バレンボイムによる悠然とした演奏もさすが。歌手もジークフリート・イェルザレムらバイロイトらしい布陣。:1991年、1992年、バイロイト祝祭劇場にて収録。

Amazon

指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:ハリー・クプファー
演奏:バイロイト祝祭管弦楽団、合唱団
歌手:『ラインの黄金』ジョン・トムリンソン(ヴォータン)、リンダ・フィニー(フリッカ)、
エヴァ・ヨハンソン(フライア)、グレアム・クラーク(ローゲ)、ヘルムート・ハンプフ(ミーメ)、ビルギッタ・スヴェンデン(エルダ)、ギュンター・フォン・カンネン(アルベリヒ)

『ワルキューレ』ポール・エルミング(ジークムント)、ナディーネ・ゼクンデ(ジークリンデ)、マティアス・ヘレ(フンディング)、ジョン・トムリンソン(ヴォータン)、アン・エヴァンス(ブリュンヒルデ)

『ジークフリート』ジークフリート・イェルザレム(ジークフリート)、アン・エヴァンス(ブリュンヒルデ)、ジョン・トムリンソン(さすらい人)、グレアム・クラーク(ミーメ)、ギュンターフォン・カンネン(アルベリヒ)、フィリップ・カン(ファフナー)、ビルギッタ・スヴェンデン(エルダ)

『神々の黄昏』ジークフリート・イェルザレム(ジークフリート)、アン・エヴァンス(ブリュンヒルデ)、ギュンター・フォン・カンネン(アルベリヒ)、フィリップ・カン(ハーゲン)、エヴァ・マリア・ブントシュー(グートルーネ)、ボード・ブリンクマン(グンター)

<関連記事>
ワーグナーのおすすめオペラ・CD・DVD
ローエングリン(ワーグナー)のおすすめCD・DVD
トリスタンとイゾルデ(ワーグナー)のおすすめCD・DVD


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。