クラシック音楽好きになれるおすすめ名曲の名盤 ベスト5

「クラシック音楽を楽しみたい!」と思うものの、いざ聴いたら退屈で眠かった……というのはよく聞く話。詳しく尋ねると、選曲、そして演奏もベストではないものをセレクトしてしまっている場合がほとんど。クラシックを好きになるには、名曲を名演奏で聴くのが一番です。ということで珠玉の名盤5つをご紹介します!


5位 ストラヴィンスキー:『春の祭典』

ブーレーズ

バーバリズム(原始主義)の曲をブーレーズによる明晰な演奏で (C)Harald Hoffmann / DG

まずは聴いて眠らない眠れない(?)、20世紀音楽史上最大のスキャンダルと言われるこの曲を。原始的な粗暴なリズムに、大編成のオーケストラによる咆哮で、初演の際は観客が大ブーイングして大混乱になったとか……。確かに今聴いても刺激的な音楽ですが、ロック・ミュージックに通じる現代性があり、さらにクラシックらしいスケールの大きさが味わえるため、この曲がきっかけでクラシック好きになった、という人は多いです。

ブーレーズ

指揮:ピエール・ブーレーズ オーケストラ:クリーヴランド管弦楽団

ともすれば、ただただメチャクチャな演奏になりがちなこの曲を、初めて説得力あるカタチで提示したのが、現代最高の作曲家であり指揮者のピエール・ブーレーズ。ダイナミズムを持ちつつ、明晰な分析で曲を構成。高次元でまとめた圧巻の秀演です。

amazon
iTunes

 

4位 チャイコフスキー:『ヴァイオリン協奏曲』

諏訪内晶子

今も世界の第一線で活躍する諏訪内晶子 (C)Kiyotaka Saito

諏訪内

ヴァイオリン:諏訪内晶子 指揮:ドミトリー・キタエンコ オーケストラ:モスクワ・フィルハーモニック管弦楽団

クラシック音楽界最大のメロディーメイカーといえば『白鳥の湖』や『花のワルツ』で知られるチャイコフスキー。ロシアの作曲家らしい、憂いを帯びたロマンティックな旋律は日本人の心を魅了してやみません。ヴァイオリンをソリストに迎えオーケストラと共演するヴァイオリン協奏曲も、メロディアスで美しい旋律と、超絶技巧が聴ける名曲です。

 

諏訪内晶子

後にスタジオ録音したこちらのアルバムもある

イチオシするのが、諏訪内晶子さんが日本人初・史上最年少(!)でチャイコフスキー国際コンクールに優勝した際の歴史的ライヴ録音(上のアルバム)。一曲入魂の考えに考え抜かれた弓さばきは見事の一言。当時弱冠18歳とのことで勢い余る場面もありますが、それもまたリアルで感動を呼ぶ熱演です。

■チャイコフスキー国際コンクール盤
amazon
iTunes

■スタジオ録音盤
amazon
iTunes