イベント月間の12月に聴きたいクラシックの名曲

師走はクリスマスに大晦日にとイベント盛り沢山。クラシックの世界でも時節にちなんだ作品が多くあります。知っていれば12月をもっと楽しめる曲5つをご紹介します。
 

チャイコフスキー:くるみ割り人形

カラヤン

「アダージョ・カラヤン」のヒットでも知られるカラヤンはチャイコフスキーが得意 (C)Siegfried Lauterwasser / DG

『白鳥の湖』などでお馴染みチャイコフスキー3大バレエの一つで、舞台はクリスマスイヴ。少女の夢の中でいくつもの小さな出し物が登場。有名曲のオンパレードで「花のワルツ」「こんぺい糖の踊り」「トレパーク」などどこかで聴いたことのある美しいメロディーの小品が次々と。バレエのステージから離れコンサート用に編纂されたのが組曲版。厳選された、まさにクリスマスプレゼントのようなキラキラした曲です。
 
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤンundefinedオーケストラ:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン オーケストラ:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

“帝王”と呼ばれた指揮者カラヤンはチャイコフスキーを得意とし、乱れずキビキビとした音運びと、メロディーをはっきり聴かせるロマンティックな表現で、心地よい夢の世界を見せてくれます。

amazon
iTunes
 

ヘンデル:メサイア

クリスティー

クリスティは「バロクー」(バロック音楽愛好家)という言葉まで生み出すに至ったバロック音楽のスペシャリスト (C)Photo Michel Szabo

中の1曲「ハレルヤ」が有名な、キリストの誕生から復活までを描いた作品。欧米では年末によく演奏されます。バロック時代らしい簡明さと、オペラに秀作を多数残したヘンデルらしいドラマティックさが見事な調和。宗教曲ながら高い人気を誇っています。
 
指揮:ウィリアム・クリスティundefinedオーケストラ:レザール・フロリサン

指揮:ウィリアム・クリスティ オーケストラ:レザール・フロリサン

オススメは、フランスバロックオペラの第一人者ウィリアム・クリスティ指揮版。彼の演奏に特徴的な合唱の柔らかな美しさがここでも光り、クリスマスを前に温かい気持ちにさせてくれるでしょう。

amazon
 

オネゲル:クリスマス・カンタータ

今回あげた中で最も有名でなく演奏の機会も録音も少ないですが、もっと多くの人に知ってほしい美しい曲。20世紀前半にパリで活躍した作曲家集団6人組の一人、オネゲル最後の作品。メサイアと似て、暗い時代、キリスト誕生、賛歌という構成。魅力はなんといっても「きよしこの夜」が登場するなど、パッチワーク的に賛美歌が散りばめられていること。
 
指揮:ウラディーミル・ユロフスキundefinedオーケストラ:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

指揮:ウラディーミル・ユロフスキー オーケストラ:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

ユロフスキーはグラインドボーン音楽祭の音楽監督などを務める若き俊英。丁寧な棒運びで陰影をうまく描き感動的な演奏となっています。

amazon
iTunes