珍しいエビと天然温泉が楽しめる かぢや旅館

 

 

漁師町・金谷に江戸時代から続く老舗旅館「かぢや旅館」があります。金谷の名峰・鋸山は江戸時代は「石の山」としてとても繁栄しており、当時、金谷の住民の7割が石関係の仕事をしていたとも言われています。かぢや旅館の先祖は、石職人の使う道具の製造や修理をしていて、石を運ぶ石船の船員のために宿所が必要となり、幕末の安政元年に旅館業に転業したそうです。

かぢや旅館は、「えびの宿」として知られています。それは、高足ガニや黄金アジ、赤ムツなど珍しい魚介類を提供するだけでなく、他ではめったに食べることができない深海のエビ・赤座エビのお造りを味わえるからです。
赤座エビは、幻のエビとも呼ばれ、晩秋から春先の時期にだけ獲れます。エビの王者・イセエビにも引けを取らない絶妙な味覚が、多くの人をかぢや旅館に引きつけて止みません。赤座エビのお造りは、冬の時期に限られますが、スタンダードな1泊2食付きの宿泊のプランで、新鮮な魚介類とともに、味わうことができます。また、予約をすれば、ランチも受けてくれますので、日帰りでも可能です。
 

 

かぢや旅館は千葉県では珍しい天然温泉の宿としても知られています。日帰りでも入浴できますので、希少な海の幸を味わってから、ゆったりとお湯に浸かるのも良いでしょう。


■かぢや旅館
住所:千葉県富津市金谷3887
電話:0439-69-2411
営業時間:ランチは予約制
定休日:無休
アクセス:JR浜金谷駅から徒歩約5分
HP:http://www.kajiyaryokan.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。