マレーシアというハラルの国を体験して

チキンソーセージ

ハラルの国のソーセージといえば、チキンソーセージ!

イスラム教の国と聞くと、なんだかとっつきにくい気がするかもしれません。でも実際に4年間住んでみて、住みにくいと思ったことは一度もありませんでした。先に述べたように多民族の国なので、豚肉やお酒はいつでも手に入ります。でもそれよりむしろ、ハラルが当たり前の環境の中で、あまり意識せずに暮らしていた、といったほうが正しいかもしれません。スーパーに陳列されている商品はほとんどがハラル食品ですし、ファストフード店もハラル。イスラム教徒でない私が、ハラル食品を買っても、ハラル料理店でおいしい料理を食べても、何の問題もないのです。

世界中を旅した外国人が「マレーシアがいちばん居心地がいい」と言い、世界を点々として暮らしていた人がマレーシアで永住目的に家を買ったりします。それぐらいマレーシアは、外国人にとっても居心地のいい国。ハラルとノンハラルが共存する環境というのは、そのどちらもが否定されず、いろんな価値観を認める、ということにつながるのです。ぜひマレーシアに旅をして、多様な価値観を体感してみて下さい。世界の広さを肌で感じることができると思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。