公的年金も退職金も先細りが否めない中での資産運用

この国で、老後の生活設計を始める平均年齢は50代だそうです。しかし、それは 公的年金と退職金に老後生活が守られていた時代の過去の話です。今でも、子育てが終わったらお金を貯め始めようと思う人が多いのですが、それでは豊かな老後を送ることがむずかしい時代に突入してしまいました。

40歳までにどう貯めるか?

40歳までにどうお金を貯めるか?



なぜなら、公的年金も退職金も先細りが否めません。老後を支える柱としては、なんとも頼りないものに見えています。日本人が長生きするようになっているから、なおさらです。

子育て終わるまでお金は貯まらないという思い込み

通常なら子育てが終わる歳というのは親は50歳前後に到達しています。それから、定年、リタイアまで10年か15年くらいしか、時間が残されていません。しかし、そのくらいの運用期間では、じぶん年金をつくるには時間が短すぎます。

なんとか食っていけるていどの老後資金ができるかもしれませんが、十分な資産にまで増えるには時間が足りません。お金は運用期間が30年間くらいあると、驚くほど増えるのです。

ですから、私が提案したいことは、子育てが始まる前に、資産作りに着手することなのです。そこで、40歳までに1000万円つくるということを目標にしてみることをおススメしています。

40歳まで1000万円つくるパターン

40歳までに1000万円つくれる人とは、どんなペースでお金を貯めてきた人でしょうか?金利がほとんどゼロの預貯金で、40歳までに1000万円を作ろうとすれば、25歳から毎月55000円の積立が必要です。苦労して金利1%の超お得な銀行を見つけて来たところで、必要な積立額は51500円。3500円減るだけです。毎月5万円の積立というのは、そもそも楽じゃありません。

もっと小さな金額から1000万円を作るには、レバレッジ(てこ)を使えばいいのです。レバレッジとは、リスクを負ってお金を大きく増やす方法ですが、具体的には保険商品(変額年金)や投資信託があります。

たとえば、年7.6%で回るような複利運用をすれば、25歳から毎月3万円のつみたて型投資で、15年間で1000万円ができてしまいます。

もっと効率的な方法は、25歳の投資スタート時に、投資元本をある程度のカタマリで一括投資することです。たとえば、結婚祝いでもらった100万円を25歳で一括投資すれば、その後の15年間で1000万円をつくるには、年7.7%の期待収益率で毎月2万円で済みます。

これなら、かなりハードルが下がりませんか?

定年までに1億円への一里塚

40歳で1000万円をつくることは、プランさえ考えつけば、だれでにも可能な道程なのです。そして、それができれば、リタイアまでに5000万円~1億円という「じぶん年金」が手に入ることも夢ではなくなります。

早く気付いて、早く始める人が、快適な人生を歩むことができるのです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。