今回は、お母さん猫と離ればなれになった赤ちゃん猫の授乳風景をお届けします。

お母さん猫と離れる理由は様々ですが、どんな場合でも子猫をみつけた人が最初にしなければいけないことは、保温です。低温やけどに注意しながら、ペットヒーターやカイロ、湯たんぽなどで子猫の身体全体を暖めてください。

身体が温まったら、ミルクを用意します。人間用の牛乳は下痢になることがありますし、子猫には栄養不足なので、必ず子猫専用のミルクをご用意ください。もし、ほ乳瓶が手に入らなければ、注射器やスポイトで与えても構いません。最初は吸い付くのが下手な子も、根気強く続けていると上手に吸えるようになります。

幼い間は、1回に飲む量が少なく2~3時間おきに与える必要があります。子猫のお世話中は睡眠不足になりますが、それもせいぜい10日くらい。勢いよく吸い付きすぎて気管に入れないようにすることと、お腹の調子に注意しながら、たっぷりの愛情と共にミルクを与えてください。

満腹になったら、テッシュなどでお尻をぽんぽんと軽く刺激して、オシッコとウンチを促しましょう。

寝ながらでも飲み続けます~

生後1週間過ぎの茶白の男の子です。上手にたくさん飲めるようになってきて、後半は半分寝ながら飲んでます(笑)。ここで使用しているほ乳瓶、実は子供さんのおもちゃのミルク飲み人形についているほ乳瓶。吸い口が小さいので、子猫に向いています。
寝ながらでも飲み続けます~

寝ながらでも飲み続けます~


飲み方に迫力が!

生後2週目を過ぎたキジ白くんです。このくらいになると飲む量も増え、また飲み方に迫力が出てきて、一気に吸い込んでいきます。ここで使っているのはシリンジ。特に押さなくても、子猫は自力でぐんぐん吸い込みます。
飲み方に迫力が!

飲み方に迫力が!


もうないよ!

生後2週半くらいのキジくん。あまりにもたくさん飲むので、横にシリンジにつめたミルクを10本くらい用意しておきます。もっと容量の大きなシリンジの方が良いのでは?と思われるかも知れませんが、大きすぎるシリンジだと一気にミルクが入って誤飲する恐れがありますので、5ml位までのものが一番使いやすいです。
もうないよ!

もうないよ!


続いてはほ乳瓶大好き!と離乳食スタートです~