ネックレスの歴史

ネックレスは首飾りとして、最も古くからあるジュエリーではないでしょうか。

古代、獲物を仕留めた者がその一部分、例えば角の先端とか牙の先などをヒモにくくりつけ、首から下げて手柄をアピールしたという様な事が起源だといわれています。

日本では「ジュエリー」 = 「ネックレス」といったイメージを持つ方が多いですね。
一番目立つ位置にセットされるせいでしょうか。

であれば、身につける人にも服装にもマッチしなければなりませんね。

現代においてもやはりアピールできる存在感は必要ですね。

シミュレーテッドパールのネックレス

シミュレーテッドパールのネックレス。マチネーサイズ





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。