2013年1月に、オールアバウトが運営するマーケティング・チャネル「生活トレンド研究所」が、「睡眠」に関するアンケート調査をインターネット上で行いました。対象はフルタイムで働く20~40代の男女で、900名から有効回答を得ました。

睡眠で重視しているのは、量より質

睡眠で「重視」しているものと、「今後改善したい」もの

睡眠で「重視」しているものと、「今後改善したい」もの

今回の調査で一番多い睡眠時間は、平日が6時間(43.0%)、休日は8時間(34.1%)でした。また、睡眠に対する満足度は、58.6%が「不満である」と答えています。さらに、睡眠で重視しているものは、「量(57.8%)」よりも「質(77.3%)」であることも、明らかになりました。

休日の睡眠時間が5時間以下と答えた人が7%いましたが、この人たちは睡眠時間がかなり不足していると思われます。ちなみに、1日平均で7時間前後の睡眠をとっている人が、もっとも病気になりにくく寿命が長いことが分かっていますから、できれば1週間で50時間ぐらいの睡眠時間を確保したいものです。

ストレスがある人は、ない人よりも睡眠満足度が低い

ストレスあり・なし別の睡眠満足度

ストレスあり・なし別の睡眠満足度

睡眠満足度をストレスの有無別で見てみると、ストレスがある人はない人よりも、睡眠に対して不満を抱く割合が2倍以上でした(ある=37.4%、ない=71.1%)。また、体格指数(BMI)を比較すると、ストレスがある人はない人よりも、平均値が明らかに高いことが分かりました。

体格指数(BMI)は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求められます。18.5~25が正常値で、それ以下がやせすぎ、以上は太りすぎです。

ストレスなしの人の体格指数(BMI)は理想の22に近く、ストレスありの人の体格指数(BMI)は正常範囲にありますが少しやせ気味です。ストレスがある人は、ストレスが睡眠の質を悪くし、さらに睡眠障害がストレスのもとになるという、悪循環に陥っているものと思われます。

睡眠対策をしている人は15%

「睡眠」対策実施率

「睡眠」対策実施率

調査対象者全員に、日頃、睡眠のために何かやっているかを聞いたところ、「行っている」と回答した人は15.0%でした。さらに、「特に何も行っていないが、今後は何かやりたいと思っている」と回答した人は、過半数の50.1%。快眠法や快眠グッズへの関心が高いことも分かりました。

睡眠時間を延ばし睡眠の質を良くするためには、生活習慣の見直しや寝室環境の整備が大切です。生活習慣病の予防として勧められている生活習慣の多くは、睡眠のためにも取り入れると良い習慣です。また、寝室はなるべく暗く静かに、室温は16~26度、湿度は50~60%に保つように調整しましょう。一度のたくさんのことはできませんから、睡眠に満足していない人は、できるものから一つずつ実行してみてください。

ストレスがない人の生活習慣の特徴

ストレスあり・なし別の生活習慣

ストレスあり・なし別の生活習慣

日頃の生活習慣をストレスがある人とない人で比べたところ、ストレスがない人はある人よりも、「なるべく体を冷やさない」(ない=43.0%、ある=35.6%)、「休日でも平日の起床時刻の+2時間以内に起床」(ない=42.1%、ある=33.5%)、「夕食は寝床につくの3時間前までに終わらせる」(ない=42.1%、ある=29.1%)の項目に差がありました。

わたしたちは、体温が下がるときに眠気が強くなります。寝床につく1~2時間前にぬるめのお風呂に入ると、いったん上がった体温が急激に下がるので、寝つきが良くなります。体内の熱を逃がしにくい冷え性の人は、日中から体を温め、眠るときは湯たんぽを使うと、体が冷えずによく眠れます。

生体リズムを規則正しくするためには、就寝時刻よりも起床時刻が大切です。休日でも平日の起床時刻+2時間以内には、一度起きだしましょう。その後も眠気が強ければ、昼寝や仮眠をとって睡眠不足を解消してください。

おなかがいっぱいになると眠くなりますが、眠る直前に食事をすると、睡眠の質が悪くなります。夕食は、眠る時刻の約3時間前までには終わらせましょう。仕事などで深夜まで食事ができないときは、夕方に一度、おにぎりやパンなどを軽く食べておき、深夜の食事はその分のカロリーを差し引いて食べると、睡眠の質が良くなります。

使ったことがある快眠グッズと使いたいグッズ

使用したことがある/今後使ってみたい睡眠グッズ

使用したことがある/今後使ってみたい睡眠グッズ

数ある快眠グッズのうち、使ったことがあるグッズのベスト3は、低反発枕(42.9%)、湯たんぽ(29.1%)、アロマなど香り関連商品(20.1%)でした。一方、使ったことはないがこれから使ってみたいグッズでは、低反発マットレス(22.1%)と睡眠計(18.6%)が高い人気を集めました。

現在の使用率と今後の使用希望率の差が大きいグッズは、快眠動画・画像や睡眠計、光を使った快眠・覚醒グッズ、高反発マットレス、漢方薬などでした。今後は、これらのグッズの人気が高まるものと思われます。

平日にはあと1時間多く眠りたい

あとどれくらい睡眠時間が欲しいか

あとどれくらい睡眠時間が欲しいか

「あとどれくらい睡眠時間が欲しいか」という質問に対して、平日では「1時間」が最も多く31.2%、休日は「今のままで満足している」が41.0%と一番多いことが分かりました。

私たちは日中の活動のために睡眠時間を削ってきて、この50年間で平均睡眠時間が1時間も短くなりました。睡眠時間を短くするのはそろそろ限界のようなので、発想の転換が必要です。眠くて仕事の効率を落とすより、グッスリ眠って自分の力を100%出すほうが良いのではないでしょうか。

毎日の生活の中には、しなくてもよいことをやっている時間が結構あります。この無駄な時間を省いて夜の睡眠時間を長くしたり、その無駄な時間に仮眠をとったりして、充実した人生を送ってください。

【関連サイト】
生活トレンド研究所
理想の睡眠環境・寝室・ベッド・生活習慣
Facebook 睡眠ガイドのページ


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項