血行不良の青いクマを解消する

目の下のクマは2種類あります。1つは青いクマ、もう1つは茶色いクマです。
今回は私が経験した青いクマの解消法をご紹介します。
青いクマは血行不良が原因ですから、顔の血行を促進すればすぐに消えます。私が毎日行っているのは気功法です。気功家・中健次郎氏の著書に出てきたものを毎日実践しています。

気功によるクマ撃退法

  1. 両手のひらを36回こすり合わせる。

  2. 両手で顔を下から上へこすり上げる。あごから鼻の両脇を通るようにこすり上げ、指先がおでこに達したらそのままおでこのラインを丸くなぞるように頬を通って両手をあごに戻す。これを36回繰り返す。皮膚に強い摩擦を与えるとシミの原因になるので、優しくすること。

  3. 手ぐしで頭皮を36回こすり上げる。髪の毛を抜かないように。顔よりは強めにこする。頭皮の血行改善にも効果がある。

  4. 両手の人差し指、中指、薬指を使い、おでこの中心からセンターラインを6本の指で指圧する。後頭部の出っ張っている部分に達したら、その部分を3回指圧。この動作を3回行う。鏡を見ると顔色が良くなっているのが一目瞭然です。

※出展:『病気が治る「気功入門」DVDブック』 著:中健次郎 マキノ出版、2010年

なお、茶色のクマの場合は色素沈着が原因です。これは美白ケアをしなければ取れないようです。また、色素沈着の原因を作らないこと。色素沈着を防ぐためには刺激を与えないことが大切です。目元が気になるからといって、スキンケアが過剰になっていませんか? 特にまぶたは皮膚が薄く、強い刺激はシミやシワの原因になります。気をつけてケアを行いましょう。

自分の手だけでできる手軽さ

青いクマの解消は、道具や特別なコスメは一切使わない手軽さが1番のおすすめポイントです。即効性があるので、朝出かける前や寝る前の疲れの解消におすすめです。

いつでもできて即効性あり

私は青いクマが良くできるため、ときどき不健康に見られていました。疲れがたまると自分でも恐ろしい人相に見えていたほどです。そんなひどいクマができていたときに試しましたが、顔色がすぐによくなって驚きました。寝る前なのに顔全体が明るくなり、まるで朝を迎えたような爽やかな顔色になりました。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。