我が家のうどんすき

我が家のうどんすきundefined

我が家のうどんすき 

かつおだしが決めての、ものすごくオーソドックスなうどんすきです。面倒ですが、毎回昆布とかつおでだしをとってうどんすきをしています。

作り方

◆◆出汁◆◆
  • 昆布とかつおでとっただし 約2L
  • うすくち醤油 お玉に約1杯
  • 本みりん お玉に約1杯
  1. だしを土鍋に入れ火にかけ、うすくち醤油と本みりんを入れて煮立たせます。
  2. 味の薄い、場合はうすくち醤油と本みりんを1対1の割合で少量ずつ増やしていってください。
  3. うどんだしっぽい味になったら出来上がり。

◆◆具◆◆
  • つくね
  • 鶏ひき肉と豚ひき肉 各150g
  • しょうが 1かけのすりおろし
  • 卵白 1個分
  • 塩小さじ1、酒小さじ1
  • 豚バラ
  • 鶏もも肉
  • 白菜、ほうれん草、水菜など葉野菜数種類
  • しめじ
  • うどん(乾麺)
◆◆薬味◆◆
  • 青ねぎの小口切り
  • 一味
  • 粉さんしょう
  1. 乾麺のうどんを固めに茹でる。
  2. つくねをつくり、煮立った土鍋にスプーンで適当なおおきさにして入れる。
  3. 葉野菜は千切り、しめじもこまかくばらして、全部を混ぜ合わせる。
  4. 肉類はたべやすい大きさに切る。
  5. 土鍋に好きな物を入れて食べる。

我が家では、つくねを土鍋にいれた状態で食卓に運びます。葉野菜を千切りにして全体を混ぜた方が食べやすく、うどんにもよくからんで美味しいので、葉野菜以外にも、大根やにんじん、しいたけなんかも千切りにして混ぜる時があります。

食卓のIHコンロは火力が弱いので、千切り野菜の方が火の通りも早く、すぐに食べ始められます。

つくねはしょうががきいておいしいです。鶏だけだとパサつくし、豚だけだと油っぽいので、鶏と豚のひき肉を混ぜるとぷりっといい感じです。

かつおだしは面倒ですが、直前に取った方が香りよく美味しいです。我が家は関西なので、だし濃い目でうす味ですが、それぞれ、おいしいと思われる濃さで食べてください。スーパーのうどんコーナーで売ってるうどんだしでもおいしく食べれますよ。

個々のお椀にはだしと小口切りのネギ、粉さんしょうを振ってどうぞ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。