価格はリーズナブルな8万円台から

ホンマ製作所

リーズナブルな価格8万8000円のホンマ製作所の薪ストーブ

鋳鉄製や鋼板製の薪ストーブは北欧・北米で誕生しました。日本でもノルウェー、ベルギー、デンマーク、アメリカなどの外国製が主流ですが、輸入品ですから本体だけでも30万円~60万円という価格。今回、話を伺ったホンマ製作所は新潟県新潟市に本社を置く国産の薪ストーブ・煙突メーカー。会社設立は1974年ですが、それ以前1933年より本間栄次郎氏が板金業から始め、板金製薪ストーブや煙突作りで実績を積んできたメーカーです。

注目したいのはホンマ製作所の扱う薪ストーブ。クリーンバーン方式の二次燃焼機能を備えた輻射式の鋳鉄製薪ストーブが8万8000円という魅力的な価格設定です。このコストパフォーマンスは中国工場での生産、日本での検品で実現したといいます。

この価格から、ホンマ製作所の薪ストーブ購入者には自身で部材を揃えてDIYで設置に挑戦する人も多いとか。設置についてはホンマ製作所が相談に乗ってくれるので、自分で取り付けたいと思っている人は相談してみては。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。