「神戸の復興・再生」の力強いパワーを感じる「神戸ルミナリエ」

 

 

 

 

「神戸ルミナリエ」は関西を代表するイルミネーション。元町から三宮へ向かう270mの「仲町通り」は、幾何学模様の光のアーチがかけられて荘厳な雰囲気に! 圧倒的な空間に言葉もでないくらい感動します。

1995年1月に起こった阪神淡路大震災。いまだに記憶に新しい大災害は多くの地域に甚大な被害を与えました。「神戸ルミナリエ」はそんな地震で命を奪われてしまった方への鎮魂と神戸の街の復興、再生の第一歩として、震災が起こった年の12月に開催され、2012年で18回目となります。

仲町通りにアーチ型にかけられたイルミネーションは、「ガレリア」と呼ばれる遠近感のある回廊と、「スパリエーラ」いう電飾の壁掛けなどで構成。他では見られない独特のデザインは約500年前にヨーロッパで流行した祭礼装飾をモチーフにしたもの。レクイエムにふさわしくどこか教会のような神聖な雰囲気を演出しています。

色もやや控えめで厳粛な気分になる仲通りを抜けると、メイン会場の東遊園地へ到着。ここは打ってかわって、華やかでまばゆい光の宮殿…。「明るい未来」を思わせるきらびやかなイルミに「神戸の復興、再生」の力強いパワーを感じます。

「神戸ルミナリエ」は、来年2013年も開催するための募金(100円)を募集していますので、ぜひご協力を!


■神戸ルミナリエ
開催日時:2012年12月6日(木)から12月17日(月)まで
開催時間:17時から22時(曜日によって異なる)
住所:兵庫県神戸市中央区港島中町6-9-1 神戸国際交流会館7階
(財)神戸国際観光コンベンション協会内 神戸ルミナリエ組織委員会
TEL:078-303-0038
ホームページ:神戸ルミナリエ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。