国の重要文化財の駅舎ライトアップに注目!

 

 

国の重要文化財でもある東京駅丸の内赤レンガ駅舎が創建当時の姿に復活し、ライトアップをしている事は大きなニュースになりました。しかし、現在の姿を見れるのは今だけという事は、あまり知られていないと思います。

丸の内駅舎の屋根には銅板が多用されているので、古い神社仏閣のように屋根の銅が錆びて、今後は次第にライトグリーンになって行く部分があるのです。つまり銅が一切錆びていない真新しい姿を拝めるのは今のうちというわけ。今が旬のライトアップを是非見物してください。

お勧めの見物スポットは、新丸ビル7階の「丸の内ハウス」と呼ばれる展望テラスです。無料で利用出来る上に、警備員さんが常時居るので深夜でも安心。週末は大混雑する場合があるので、平日の会社帰りに立ち寄るのがお勧めです!

■お勧め展望所:新丸ビル7F 丸の内ハウス(展望テラス)
・住所:東京都千代田区丸の内1丁目5-1
・電話:03-5218-5100(三菱地所丸の内コールセンター)
・テラス開放時間:11:00~23:00(荒天時は閉鎖)
・東京駅丸の内駅舎ライトアップ時間:日没~21:00
・アクセス:
JR東京駅から徒歩約1分
東京メトロ丸ノ内線東京駅直結
東京メトロ千代田線二重橋前駅より徒歩約2分
都営三田線大手町駅より徒歩約1分
東京メトロ東西線大手町駅より徒歩約4分
東京メトロ半蔵門線大手町駅より徒歩約8分
・URL:http://www.marunouchi.com/feature_jp/tokyo-view/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。