私の出産について

専業主婦。里帰りはせず、実母に来てもらいました。
2011年出産。都内大学病院。初診は個人病院でしたが、1度目の出産が帝王切開だったため断られ、2回目の検診から出産まで都内大学病院にお世話になりました。

実際に支払った自費負担額

■検診の合計額
12万円ほど。検診は15回受けました。
最初の2回は妊婦検診の補助がなく9000円、12000円でした。妊婦検診の補助券をいただいてから、普段の検診は2300~4500円、血液検査があった時は2万7420円(初期血液検査含む)、1万9340円(中期血液検査含む)、7250円(後期血液検査と帝王切開手術のための心電図検査含む)でした。

■入院・分娩費
640000円ほど。帝王切開で10日間入院、大部屋利用の料金です。

■戻ってきたお金
出産一時金:42万円
生命保険(帝王切開は手術・入院給付がでました):21万5000円

出産一時金は事前に申し込みを済ませておけば、退院時に病院でその額を差し引いてもらえます。大きな金額を持っていかなくて済みますよ。

出産にまつわる費用の項目

  • マタニティーウェアはズボンを購入しましたが、トップスは普通のチュニックで十分で購入せず。
  • ガードルは暑い時期だったので購入しても使いませんでした(3000円ほど)。
  • むくみが酷かったので、着圧ソックスは多めに買いました(1足2000-3000円)。
  • 赤ちゃん服は肌着セット、ツーウェイオール6枚ずつ用意しました(夏だと肌着だけでも十分かも)。合計で10000円ほど。
  • 他は授乳クッション、母乳パッド、念のため哺乳瓶2セット、ガーゼを買っていました。
  • 内祝いはいただいた額の半分を目安に、シーツやお菓子を渡しました。

これから出産を控えている人にアドバイス

出産する季節によって必要なものが違ってきます。なので、あまりお下がりとか期待できませんでした。量販店にはお手頃価格のものもありますし、モノによってはUSEDを購入する方法もあると思います。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。