新婚旅行にかかった費用

■新婚旅行の行き先・日数・内容、その場所を選んだ理由
ローマ~フィレンツェ~ヴェネツィア~パリ(10月半ば・8泊10日)

アジア圏のビーチリゾートなども検討しましたが、10日間も休めることなんてない! ということで、方面はヨーロッパへ。
せっかくなので行きたいところは全部行こう! と話し合った結果、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、パリの4都市をまわる弾丸旅行になりました。全都市に行けるツアーは高かったのですべて自分たちで手配しました。
undefined

 

■新婚旅行にかかった費用
  • 航空券(キャセイパシフィック航空利用) : 約28万円
  • ホテル : 約7万円
  • 寝台列車(ヴェネツィア~パリ) : 約4万円
  • 現地移動費用(ユーロスター、地下鉄など) : 約5万円
  • 食費 : 約7万円
  • お土産 : 約10万円
  • 観光費用(入館料など) : 約1万円
  • その他 : 約3万円
合計 : 約65万円(2人で)

■新婚旅行費用の負担方法
結婚式関連のお金を貯める用の口座を新たに開設し、毎月それぞれ決めた額をその口座に振り込むようにして貯めました。

これから新婚旅行を控えている人に
新婚旅行費用の貯め方のコツやアドバイス

行きたいところがあるならやはり時間をかけてコツコツ貯めておくことをおススメします。まとまった額が貯まったら、金利のよいネット銀行に3~6ヵ月預けて微増。金利でお手軽ランチ1回くらいは楽しめます。

あとはどんな旅行がしたいかによって費用も変わります。例えば私たちは行きたいところに行ければOK! のバックパッカーに近い旅でしたが、素敵なホテルに泊まって星付きレストランでお食事していれば、もっとお金かかったでしょうし。

現地での食事やお土産はスーパーを活用。移動のユーロスター内でランチになるときはスーパーでサンドイッチなどを買いました。お土産も調味料などは「安い・かさばらない・喜ばれる」の3拍子です。

いつ行くかによって航空券やホテルの料金も変動するので、安い時期を狙っていくとよいと思います。いつが安いのかは地球の歩き方などガイドブックにも書かれています。

貯められるだけ貯めて、その予算をやりくりして安くて素敵な宿を探したり、現地でおいしいレストランを探したりするのも楽しかったです。


【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。