ハワイを代表する観光名所 「ダイヤモンド・ヘッド」

ダイヤモンド・ヘッド

ダイヤモンド・ヘッド

ワイキキビーチからもその雄大な姿を眺められるダイヤモンドヘッド。オアフ島のあまりにも有名なシンボルです。ダイヤモンドヘッドは30万年前に噴火した火山の外輪山。一度きりの噴火で今の形が形成されたそうです。頂上は約230mで、さほど高くはないのですが、登ってみると結構いい運動になります。

登山道は最初のほうは舗装された道ですが、すぐに山道になります。細い道やくねくねした道などトレッキング気分が味わえます。最後のほうには、長い階段や洞窟のような暗い場所に設置された螺旋階段があったりして、やっと頂上へ!

ここからの景色の素晴らしさは、登ってきて良かったと心から思えるほど。コバルトブルーの海やその先に広がるホノルル市街を気持ちいい風に吹かれながら眺めることが出来ます。ちょっと大変ですが、ハワイの自然を全身で感じられる場所なのでおすすめです。

行く際には、重装備は必要ありませんが、歩きやすい靴は忘れずに。ビーチサンダルの人も見かけましたが、絶対に危ないと思います。晴れた日には日差しが強いので、水なども持っているといいと思います。午前中の涼しいうちから出かけて、お昼前には帰ってこれるので、ぜひプランに組み込んでみてください。

■ダイヤモンド・ヘッド
・開門時間:6:00~18:00
・登頂料金:3歳以上1ドル
・アクセス:ホノルルから22番か23番のThe Busを利用
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。