ルーブル美術館の観覧には多くの時間を割くべし!

 

 

 

 

 

 

一日では見て回ることが出来ないほどの美術品数があるルーブル美術館。有名すぎるスポットですが、一度は訪れておきたいものです。美術の教科書やテレビで見たことのある有名な作品が当たり前かのように並んでいます。

4階建てで3つの翼に分かれている建物はとにかく広く、まず何を見たいのか、数点絞っていかなければ、館内で迷子となりヘトヘトになってしまいます。

私も時間が多くとれなかったため、モナリザ、ミロのヴィーナスやナポレオン、ドラクロワなどお目当ての物に絞って見て回りました。人気のモナリザの前には、開館後20分ほどで既に多くの人だかりです。

時間が少なく足早に館内を回る私とは反対に、一つの作品に向き合い話しかけるように模写をしているおばあちゃん。そんな姿を見ると、やはり一日はルーブル美術館に時間を割けばよかったと思いました。

建造物としても、ルーブル美術館は楽しむことができます。夜にはライトアップされるガラスのピラミッド、もともと宮殿だった建物であるため、内装も豪華で素敵です。


■ルーブル美術館
TEL:+33 (0)1 40 20 53 17
観覧時間:月・木・土・日 9:00~18:00/水・金 9:00~21:45
閉館日:火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
アクセス:Palais-Royal(メトロ1、7号線)から徒歩0分
ホームページ:ルーブル美術館

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。