新しいパリの流行を知ることができる マハツァラ

マハツァラ(Mahatsara)

マハツァラ(Mahatsara)

パリジェンヌはアフリカなど民族調のモチーフのアクセサリーを好む人も多いですが、この「マハツァラ(Mahatsara)」のピアス、ブレスレット、ネックレスなどは、フランスのファッション誌でも度々取り上げられるアフリカ発のパリブランドです。

このブランドの魅力は、アフリカのノスタルジックなモチーフを基調にしたコンテンポラリーアートのようなデザインと大胆な色づかいにありますが、何よりも、これらのアクセサリーが不要になった電話コードや再生紙を加工しているという点にあるのです。

ベーシックなゴールドやシルバーのアクセサリーとは、また違った味わいがいつものファッションにアクセントを与えてくれますね。

マハツァラでは、アフリカの文化や芸術、生活を持続的に発展させ、フェアトレードを軸にして生まれたエシカルブランドなのです。アフリカの恵まれない地域の人びとの職業訓練の開発に熱心にとりくみ、生活を向上させることを目的にしています。

ほかにも、かごや可愛い動物をファンタジックにかたどったメゾンオブジェなど、アートでエコを意識した商品がたくさん。流行に敏感、かつ買物に対して倫理意識の高いパリジェンヌ達の心をとらえています。

■Mahatsara「Gallery Show Room」
・住所:8, rue Oberkampf 75011 Paris
・URL:http://www.mahatsara.com/

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。